明石藩明石城址 All Photos by Ken究所長

小笠原家→松平(戸田)家→大久保家→松平(藤井)家→本多家→松平(越前)家

播磨は関ヶ原処分後は池田輝政が播磨一国を領していたが、備前岡山にあった小早川秀秋が無嗣改易となり、池田家をスライドさせることによって、播磨一国は外様大名の手を離れる。

安芸広島の福島家を改易して、浅野家を和歌山から広島へ移したことと併せて、近畿地方から外様の大大名を一掃することになるのである。

明石には、譜代の柱石と頼む家康の外孫小笠原忠真を、信濃松本より、10万石で入れる。
肥後熊本の加藤家改易に伴う細川家の移動で、小笠原忠真は、外様大名への橋頭堡として、明石に来たときと同様の役割を帯びて、豊前小倉へ移る。

後を追う形で信濃松本より、松平(戸田)康直が7万石で入り、光重に継いで、美濃加納へ。

美濃加納から入れ替わって、大久保忠職が7万石で入り、肥前唐津へ。

丹波篠山より、松平(藤井)忠国が7万石で入り、信之に継いで、大和郡山へ。

大和郡山より、本多政利が6万石で入るが、苛政を咎められ陸奥岩瀬1万石へ減転封。その後も不行跡は収まらず、さらに改易幽閉。

越前大野より、親藩の名門越前家庶流の松平(越前)直明が6万石で入って、以降は十代に渡って、松平(越前)家の所領となる。

明石の越前松平家は結城秀康の六男、松平(越前)直良から発し、越前木本、越前勝山、越前大野を経て、明石に移る。

松平(越前)斉韶は実子慶憲があるにもかかわらず、子沢山の将軍家斉の二十五男斉宜を押しつけられ、その時お土産に2万石の加増をもらい、8万石となり、10万石格をも得る。
斉宜には子ができず、結局慶憲は藩主になれた。

地図はこちら


歴代藩主

小笠原家

信濃松本より 10万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原忠真(ただざね)

従四位下 右近将監 侍従
信濃松本藩主小笠原秀政の二男

豊前小倉へ

松平(戸田)家

信濃松本より 7万石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(戸田)康直(やすなお)

従五位下 佐渡守
松平(戸田)康長の三男

二代

松平(戸田)光重(みつしげ)

従五位下 丹波守
松平(戸田)康直の兄松平(戸田)忠光の子

美濃加納へ

大久保家

美濃加納より 7万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

大久保忠職(ただもと)

従五位下 加賀守
大久保忠常の長男

肥前唐津へ

松平(藤井)家

丹波篠山より 7万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(藤井)忠国(ただくに)

従五位下 山城守
松平(藤井)信吉の長男

二代

松平(藤井)信之(のぶゆき)

従四位下 日向守
松平(藤井)忠国の二男

大和郡山へ

本多家

大和郡山より 6万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多政利(まさとし)

従五位下 出雲守
本多政勝の長男

陸奥岩瀬へ、後、改易

松平(越前)家

越前大野より 6万石→8万石(10万石格)
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)直明(なおあきら)

従四位下 若狭守
松平(越前)直良の三男

二代

松平(越前)直常(なおつね)

従四位下 但馬守 侍従
松平(越前)直明の長男

三代

松平(越前)直純(なおずみ)

従四位下 左兵衛督
松平(越前)直常の長男

四代

松平(越前)直泰(なおひろ)

従四位下 左兵衛督
松平(越前)直純の長男

五代

松平(越前)直之(なおゆき)

従五位下 左兵衛介
松平(越前)直泰の長男

六代

松平(越前)直周(なおちか)

従四位下 左兵衛督
松平(越前)直泰の子、直之の弟

七代

松平(越前)斉韶(なりつぐ)

従四位上 左兵衛督 左少将
松平(越前)直周の二男

八代

松平(越前)斉宜(なりこと)

従四位上 兵部大輔 左少将
徳川家斉の二十五男

九代

松平(越前)慶憲(よしのり)

従三位 兵部大輔 左中将
松平(越前)斉韶の子

十代

松平(越前)直致(なおむね)

従四位下 左兵衛督 侍従
松平(越前)慶憲の長男

播磨の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る