吉井藩

菅沼家→天領→堀田家→天領→松平(鷹司)家

吉井藩は非常に特殊な藩である。

徳川家康の関東入りにあたって、菅沼定利が上野吉井に2万石を与えられて立藩。美濃加納へ。

堀田正休が1万石を与えられて吉井に入るが近江宮川へ。この堀田家は流れとしては嫡流で、近江宮川の小藩ではあるが、下総佐倉などの堀田家の宗藩とも言える。

吉井松平家というのは、徳川家光の正夫人として、太閤鷹司信房の娘孝子が輿入れの際、その弟の鷹司信平が付き従って江戸に入り、徳川幕臣として5千石を与えられたことに始まる。さらに、鷹司信平は紀伊徳川頼宣の婿となり、紀伊連枝としての性格を持った7千石の松平(鷹司)家が出来る。子の信正が嗣ぎ、その子信清の時に3千石を加増され、諸侯に列し、吉井に居所を定めて吉井藩が復活する。

公家の鷹司家の出自を持ち、家光の義弟として幕臣に取り上げられ、紀伊連枝藩としての性格も併せ持ち、1万石の極小藩ながら、江戸城では国主級の大広間詰め、のちには御三家と同格の大廊下詰めとなる。


歴代藩主

菅沼家

2万石 譜代 陣屋
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

菅沼定利(さだとし)

従五位下 小大膳

二代

菅沼忠政(ただまさ)

従五位下 飛騨守
上野小幡藩主奥平信昌の三男

美濃加納へ

<天領>

堀田家

再封 1万石
譜代 帝鑑間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀田正休(まさやす)

従五位下 豊前守
堀田正信の子

近江宮川へ

<天領>

松平(鷹司)家

加増 1万石
親藩家門連枝 大広間のち大廊下 陣屋ながら国主格


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(鷹司)信清(のぶきよ)

従四位下 越前守 侍従
松平(鷹司)信正の子

二代

松平(鷹司)信友(のぶとも)

従四位下 越前守 侍従
松平(鷹司)信清の子

三代

松平(鷹司)信有(のぶあり)

従四位下 左兵衛督 侍従
徳川(紀伊)宗直の四男

四代

松平(鷹司)信明(のぶあきら)

従四位下 左兵衛督 侍従
二代松平(鷹司)信友の二男

五代

松平(鷹司)信成(のぶしげ)

従四位下 左兵衛督 侍従
三代松平(鷹司)信有の二男

六代

松平(鷹司)信充(のぶみつ)

従四位下 左兵衛督 侍従
四代松平(鷹司)信明の二男

七代

松平(鷹司)信敬(のぶよし)

従四位下 弾正大弼 侍従
五代松平(鷹司)信成の二男

八代

松平(鷹司)信任(のぶただ)

従四位下 左兵衛督 侍従
松平(鷹司)信敬の兄房府(ふさもと)の長男

九代

松平(鷹司)信発(のぶおき)

従五位下 左兵衛督 侍従
美作津山藩主松平(越前)康哉の子維賢の三男

十代

松平(鷹司)信謹(のぶのり)

従四位下 左兵衛督 侍従
出羽米沢藩主上杉斉憲の五男

上野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.