谷田部藩 谷田部陣屋跡の様子 All Photo By Ken究所長

細川家

1万6千石 
外様 柳間 陣屋

肥後熊本の細川家の支藩はいくつかあるが、この谷田部藩は宗家からの分知ではなく、藩祖武功によって、幕府から直に諸侯に列っせられたものである。

藩祖細川興元は細川幽斎藤孝の二男で、細川三斎忠興の弟である。

細川興元は小田原、朝鮮、関ヶ原と武功をあげ、兄忠興に従って、豊前中津にあったが、下野茂木に1万石を賜り、一家をなして諸侯に列した。大阪の陣でも抜群の勲功をあげ、その考証として、常陸谷田部に6千石を加増され、居所を谷田部に移し、旧領下野茂木1万石と併せて1万6千石の谷田部藩が成立する。

地図はこちら


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

細川興元(おきもと)

従五位下 玄蕃頭
細川藤孝の二男

二代

細川興昌(おきまさ)

従五位下 玄蕃頭
細川興元の長男

三代

細川興隆(おきたか)

従五位下 豊前守
細川興昌の長男

四代

細川興栄(おきなが)

従五位下 長門守
細川興隆の長男

五代

細川興虎(おきとら)

従五位下 玄蕃頭
先代細川興栄の養子となっていた京の公家姉小路公量の二男の細川興誠の長男で、興誠が病で廃嫡となり、嫡孫相続となった。母は興栄の娘である。

六代

細川興晴(おきはる)

従五位下 玄蕃頭
細川興虎の長男

七代

細川興徳(おきのり)

従五位下 長門守
細川興晴の長男

八代

細川興建(おきたつ)

従五位下 長門守
筑後久留米藩主有馬頼貴の長男有馬頼端(よりなお)の二男。正室は興徳の孫娘。

九代

細川興貫(おきつら)

従五位下 玄蕃頭
正三位
細川興建の長男

常陸の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る