宇都宮藩

蒲生家→松平(奥平)家→本多家→奥平家→松平(奥平)家→本多家→奥平家→阿部家→戸田家→松平(深溝)家→戸田家

さて、宇都宮藩もやっかいな藩です。

戦国大名の宇都宮氏は秀吉に改易され、会津にあった蒲生秀行が18万石で入封。

関ヶ原の結果上杉家が会津領を失うと蒲生家は会津に復帰。

家康の外孫である奥平家昌が10万石で入る。宇都宮は江戸と奥州を結ぶ要衝として重要な地だったが、家康が没して日光に祀られると将軍墓参の宿泊地として、ますます重要性が高まった。

本多正純は家康の謀臣本多正信の子だが、家康の駿府大御所時代の参謀で、江戸の秀忠にとっては煙たい存在だったようだが、奥平家昌が下総古河に転出し、宇都宮15万石を得る。正純は山形の最上家改易の使者として山形へ向かうがその留守中に突如改易されてしまう。このあたりの経緯は杉本苑子の著「汚名」(講談社文庫)をご一読願いたい。

で、古河から奥平家昌が再度入封。のち出羽山形へ。
出羽山形より松平忠弘が入り、のち陸奥白河へ。
陸奥白河より本多忠平が入り、のち大和郡山へ。
出羽山形より松平(奥平)家が戻るが、のち丹後宮津へ。
丹後宮津より阿部正邦が入り、のち備後福山へ。
越後高田より戸田家が入り、のち肥前島原へ。
肥前島原より松平(深溝)家が入り、のち肥前島原へ。

肥前島原より戸田忠寛が入って、ようやく藩主家の安定を見、幕末まで戸田家の支配となる。


歴代藩主

奥平家

10万石 
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

奥平家昌(いえまさ)

従四位下 大膳大夫 侍従
奥平信昌の長男

二代

奥平忠昌(ただまさ)

従四位下 美作守
奥平家昌の長男

下総古河へ

本多家

下野小山より 15万5千石 
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多正純(まさずみ)

従五位下 上野介
本多信正の長男

故ありて改易

奥平家

下総古河より 11万石 
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

奥平昌能(まさよし)

従五位下 大膳亮
奥平忠昌の長男

出羽山形へ

松平(奥平)家

出羽山形より 15万石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠弘(ただひろ)

従四位下 下総守 侍従
松平(奥平)忠明の子

陸奥白河へ

本多家

陸奥白河より 11万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠平(ただひら)

従四位下 能登守
本多忠義の長男

大和郡山へ

奥平家

出羽山形より 9万石 
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

奥平昌章(まさあきら)

従五位下 美作守
肥前五島福江藩主五島盛勝の二男、母は奥平昌能の娘

二代

奥平昌成(まさしげ)

従四位下 大膳大夫
奥平昌章の二男

丹後宮津へ

阿部家

丹後宮津より 10万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

阿部正邦(まさくに)

従五位下 対馬守
阿部重次の長男阿部定高の子

備後福山へ

戸田家

越後高田より 6万7千石→7万7千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

戸田忠真(ただざね)

従四位下 山城守 侍従
戸田忠昌の二男

二代

戸田忠余(ただみ)

従五位下 日向守
戸田忠真弟の分知7千石戸田土佐守忠章の長男

三代

戸田忠盈(ただみつ)

従五位下 日向守
戸田忠余の四男

肥前島原へ

松平(深溝)家

肥前島原より 6万6千石 
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(深溝)忠祇(ただまさ)

従五位下 主殿頭
松平(深溝)忠刻の長男

二代

松平(深溝)忠恕(ただひろ)

従五位下 主殿頭
松平(深溝)忠刻の二男

肥前島原へ

戸田家

肥前島原より 7万7千石 
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

戸田忠寛(ただとお)

従四位下 因幡守 侍従
戸田忠余の五男

二代

戸田忠翰(ただなか)

従五位下 能登守
戸田忠寛の長男

三代

戸田忠延(ただのぶ)

従五位下 日向守
戸田忠翰の三男

四代

戸田忠温(ただはる)

従四位下 山城守 侍従
戸田忠翰の五男

五代

戸田忠明(ただあき)

従五位下 因幡守
戸田忠温の三男

六代

戸田忠恕(ただゆき)

従五位下 越前守
戸田忠温の六男

七代

戸田忠友(ただとも)

従五位下 土佐守
分知戸田土佐守家戸田忠偲の長男

下野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.