牛久藩 牛久藩陣屋跡の様子 All Photo by Ken究所長

山口家

新知1万石
譜代 菊間 陣屋

山口家は周防山口の守護大名大内家から出ている。大内義弘の二男大内持盛の流れを組み、先祖累代の地、周防山口の名を家名とした。

山口重政は始め織田家に仕え、のち徳川家に仕え、関ヶ原の功により、上総5千石に加え、常陸5千を加え、万石を領するに至った。その後さらに下野に5千石を加えられ、1万5千石となるが、嫡子重信と大久保忠隣の養女との婚姻を届けなかったことで、秀忠の勘気を被り、いったん改易となる。大久保長安事件連座である。

その後許され、常陸、遠江に1万5千石を与えられた。

二代弘隆の時に、領地が常陸下総に集められ、牛久に陣屋を構えた。弘隆は弟重恒に5千石を分知したため、石高は1万石となり、そのまま代を嗣ぎ幕末にいたる。

地図はこちら


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

役職

生没年/在任年

出自(実父・嫡出関係)

初代

山口重政(しげまさ)

従五位下 但馬守

大番頭
奏者番

永禄7年〜寛永12年
山口盛政の長男

半兵衛尉

慶長6年〜寛永12年

二代

山口弘隆(ひろたか)

従五位下 但馬守

駿府加番
水口城番
大坂加番

慶長8年〜延宝5年
山口重政の四男

半兵衛尉

寛永12年〜延宝5年

三代

山口重貞(しげさだ)

従五位下 修理亮

大坂加番
水口城番

寛永18年〜元禄11年
山口弘隆の長男

長次郎

延宝5年〜元禄11年

四代

山口弘豊(ひろとよ)

従五位下 但馬守

大坂加番
大番頭

貞享1年〜宝暦5年
二代山口弘隆の三男山口重治の長男

求馬

元禄11年〜享保16年

五代

山口弘長(ひろなが)

従五位下 修理亮

大坂加番
大坂定番
大番頭

宝永4年〜明和5年
和泉大庭寺藩主渡辺基綱の三男

右近

享保16年〜明和5年

六代

山口弘道(ひろみち)

従五位下 修理亮
 

元文5年〜天明3年
四代山口弘豊の六男

政之進

明和5年〜天明3年

七代

山口弘務(ひろちか)

従五位下 伊豆守

大坂加番

宝暦13年〜天明7年
越後新発田藩主溝口直温の七男

勝之進

天明3年〜天明7年

八代

山口弘致(ひろむね)

従五位下 但馬守

大坂加番
大番頭
大坂定番

天明1年〜文政12年
六代山口弘道の二男

仲之進

天明7年〜文政12年

九代

山口弘封(ひろくに)

従五位下 但馬守

大坂加番

文化5年〜明治2年
山口弘致の二男

長次郎

文政12年〜天保10年

十代

山口弘穀(ひろかた)

従五位下 周防守

大坂加番

文化7年〜嘉永2年
山口弘致の三男

忠三郎

天保10年〜嘉永2年

十一代

山口弘敞(ひろあきら)

従五位下 筑前守
 

文化9年〜文久2年
山口弘致の四男

監物

嘉永2年〜文久2年

十二代

山口弘達(ひろよし)

従五位下 周防守
従二位
 

万延1年〜昭和7年
山口弘敞の長男

長次郎

文久2年〜明治4年

常陸の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る