鶴牧藩  鶴牧藩陣屋跡の様子 All Photo By Ken究所長

水野家

安房北条より 1万五千石
譜代 雁間 城主格

安房北条にあった水野忠韶が、江戸湾警備のため、安房の所領を収公され、居所を上総市原郡椎津村に移し、城主格であったため、新陣屋を鶴牧城と称した。

地名としては椎津で、鶴牧という地名は無く、江戸の別邸があった早稲田鶴巻町に由来しているとも言う。

以後、三代在封して明治となる。

地図はこちら


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

水野忠韶(ただてる)

従五位下 壱岐守
水野忠見の長男

二代

水野忠実(ただみつ)

従五位下 壱岐守
出羽庄内藩主酒井忠徳の二男

三代

水野忠順(ただより)

従五位下 肥前守
水野忠実の二男

上総の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.