土浦藩 土浦城址の写真 All Photo By Ken究所長

松平(藤井)家→西尾家→朽木家→土屋家→松平(長沢・大河内)→土屋家

藤井松平信一が、関ヶ原の功によって、土浦3万5千石を与えられて、成立。藤井松平家は上野高崎へ移る。

上野白井より西尾忠永が入り2万石。駿河田中へ。
下野鹿沼から朽木稙綱が入り、3万石。丹波福知山へ。
土屋家が4万5千石で入るが、土屋政直が駿河田中城受け取りを命じられ、そのまま同地へ。

松平(長沢・大河内)信興が2万2千石で入るが、大阪城代となって、摂津河内に領国を移されて転出。

土屋政直が老中となって、駿河田中から再度土浦に戻って、6万5千石。綱吉、家宣、家継、吉宗4代の将軍に31年間老中として仕え9万5千石まで加増。

以後土浦は土屋家の領する所となり、幕末まで嗣いだ。

土屋家も代々、幕閣の中枢を担う譜代大名だが、土屋家はいわゆる三河譜代ではなく、武田信玄・勝頼二代に仕えた土屋昌恒の家である。土屋昌恒は離反相次ぐ武田の家臣の中にあって、天目山で勝頼と最期を共にしている。遺児土屋忠直が駿河に隠棲していたのを、一種の武田マニアであった家康に見出され、取りたてられたものである。

土屋数直が家光の小姓となって、万石を得、次の政直の老中としての活躍で、9万5千石の大封を得、その後大過なく、封を守っている。

地図はこちら 拡大図


歴代藩主

松平(藤井)家

新知 3万5千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(藤井)信一(のぶかず)

従四位下 伊豆守
松平(藤井)利長の長男

上野高崎へ

西尾家

上野白井より 2万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

西尾忠永(ただなが)

従五位下 丹後守
酒井重忠の三男、西尾吉次の女婿となる。

二代

西尾忠照(ただてる)

従五位下 丹後守
西尾忠永の長男

駿河田中へ

朽木家

下野鹿沼より 3万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

朽木稙綱(たねつな)

従五位下 民部少輔
朽木元綱の三男

二代

朽木稙昌(たねまさ)

従五位下 伊予守
朽木稙綱の長男

丹波福知山へ

土屋家

常陸のうちより 4万5千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

土屋数直(かずなお)

従四位下 但馬守 侍従
上総久留里藩主土屋忠直の二男

二代

土屋政直(まさなお)

従四位下 相模守 侍従
土屋数直の長男

駿河田中へ

松平(長沢・大河内)

常陸真壁より 5万3千石
外様 柳間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(長沢・大河内)信興(のぶおき)

従五位下 美濃守
武蔵忍藩主松平(長沢・大河内)信綱の五男

摂津河内へ

土屋家

駿河田中より 6万5千石→9万5千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

土屋政直(まさなお)

従四位下 相模守 侍従
土屋数直の長男

二代

土屋陳直(のぶなお)

従五位下 但馬守
土屋政直の四男

三代

土屋篤直(あつなお)

従五位下 能登守
土屋陳直の二男

四代

土屋寿直(ひさなお)

従五位下 相模守
土屋篤直の長男

五代

土屋泰直(やすなお)

従五位下 能登守
土屋篤直の二男

六代

土屋英直(ひでなお)

従五位下 但馬守
土屋篤直の三男

七代

土屋寛直(ひろなお)

なし
土屋英直の長男

八代

土屋彦直(よしなお)

従五位下 相模守
水戸藩主徳川治保の子

九代

土屋寅直(ともなお)

従四位下 采女正
土屋彦直の長男

十代

土屋挙直(しげなお)

従五位下 相模守
水戸藩主徳川斉昭の十七男

常陸の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る