多古藩 多古陣屋跡の様子 All Photo by ken究所長

保科家→天領→松平(久松)家

家康の関東入りに際しては、武田家の旧臣保科正光が下総多古に1万石で入る。保科正光は信濃高遠に移封。以後しばらく廃藩となる。

8千石の旗本、松平(久松)勝義が下総国香取郡、上総国武射郡に知行を与えられ、多古に居所を定める。子の勝忠は二人の弟に500石ずつ分知し、多古領は7千石となるがその後2千石加増。次の勝以の時に、3千石の加増を受け、併せて1万2千石となって、大名となり、それまでの多古をそのまま居所とし、多古藩が復活する。

久松家はご承知のように、家康の母、於大の方が久松俊勝に再嫁し、俊勝の子たちが家康にとっては異父弟となるため、松平姓を与えられている。

俊勝の二男の康俊がこの多古藩の久松松平家の祖である。長男の康元は下総関宿藩祖となり、この裔はのち信濃小諸藩の時、無嗣絶家となってしまう。

俊勝の三男定勝の子たちが伊予松山や、伊勢桑名(陸奥白河)、三河刈谷などの多くの藩の久松松平家の藩祖となっているため、久松松平家というと定勝系ばかり目立つが、実は地味な小藩ながらこの多古の久松松平家の方が、兄筋であり、小諸久松家は絶家であるから、嫡流ともいえる。

松平(久松)康俊は男子がなく、水野忠分の五男勝政を娘婿として養子に迎えた。勝政は1500石の知行であったが、大坂の陣などの功で、8千石となる。その子勝義が領地を多古に陣屋を構えたのである。

地図はこちら


歴代藩主

保科家

1万石
譜代 陣屋


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

保科正光(まさみつ)

従五位下 肥後守
保科正直の長男

信濃高遠へ

松平(久松)家

加増 1万2千石 
譜代 菊間 陣屋


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)
 

松平(久松)勝俊(かつとし)
  久松俊勝の三男
 

松平(久松)勝政(かつまさ)
  松平(久松)勝俊の子
 

松平(久松)勝義(かつよし)
  松平(久松)勝政の長男
 

松平(久松)勝忠(かつゆき)
  松平(久松)勝義の二男

初代

松平(久松)勝以(かつゆき)

従五位下 豊前守
松平(久松)勝義の九男

二代

松平(久松)勝房(かつふさ)

従五位下 美濃守
松平(久松)勝政の長男

三代

松平(久松)勝尹(かつただ)

従五位下 大蔵少輔
旗本久松勝久の長男 久松勝久の父勝秀は勝房の祖父勝忠の弟

四代

松平(久松)勝全(かつたけ)

従五位下 豊前守
松平(久松)勝尹の長男

五代

松平(久松)勝升(かつゆき)

従五位下 中務少輔
松平(久松)勝全の二男

六代

松平(久松)勝権(かつのり)

従五位下 相模守
近江彦根藩主井伊直中の九男

七代

松平(久松)勝行(かつゆき)

従五位下 豊後守
松平(久松)勝権の長男

八代

松平(久松)勝慈(かつなり)

従五位下 豊前守
松平(久松)勝行の長男

下総の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.