高岡藩高岡藩陣屋跡 All Photo by Ken究所長

井上家

加増新知 1万石
譜代 菊間 陣屋

現在の香取郡下総町にあった高岡藩。
大名となった井上家は3家ある。井上家は信濃源氏の流れだが、井上清秀が家康に仕え、清秀の三男(実は阿部定吉の子)の井上正就が、秀忠と乳兄弟であった関係で出頭した。清秀の四男政重がこの高岡藩祖で、正就が浜松藩祖、正就の孫の正任の三男正長が常陸下妻藩祖である。

井上政重は4千石の旗本であったが、6千石を加増され、大名となり、下総高岡に居を構え、立藩。十一代継いで明治に至る。

地図はこちら


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

役職等

生没年/藩主在任年

出自(実父・嫡出関係)

初代

井上政重(まさしげ)

従五位下 筑後守

大目付

天正13年〜寛文1年
井上清秀の四男

清兵衛

寛永17年〜万治3年

二代

井上政清(まさきよ)

従五位下 筑後守

大坂加番
駿府加番

寛永5年〜延宝3年
井上政次の長男、政重の嫡孫

内記

万治3年〜延宝3年

三代

井上政蔽(まさあきら)

従五位下 筑後守

駿府加番

寛文1年〜享保1年
井上政清の二男

虎之助、宮内

延宝3年〜享保1年

四代

井上政鄰(まさちか)

従五位下 筑後守
 

元禄6年〜寛保3年
井上政蔽の長男

監物

享保1年〜享保16年

五代

井上正森(まさもり)

従五位下 山城守
 

宝永7年〜寛政12年
井上政蔽の六男

六之助

享保16年〜宝暦10年

六代

井上正国(まさくに)

従五位下 筑後守

大坂定番
奏者番

元文4年〜寛政3年
尾張藩主徳川宗勝の十男、正森の女婿となる。

直之丞

宝暦10年〜寛政3年

七代

井上正紀(まさのり)

従五位下 壱岐守
 

明和7年〜文化3年
尾張藩附家老竹腰勝起の二男

芳次郎

寛政3年〜文化3年

八代

井上正瀧(まさたき)

従五位下 筑後守

 

明和7年〜文久2年
井上正紀の子(三男)

滝吉

文化3年〜天保12年

九代

井上正域(まさむら)

従五位下 筑後守

祭祀奉行

?〜弘化3年
井上正瀧の長男

滝橘

天保12年〜弘化3年

十代

井上正和(まさよし)

従五位下 筑後守

祭祀奉行

?〜明治4年
井上正瀧の二男

松三郎

弘化3年〜慶応3年

十一代

井上正順(まさより)

従五位下 宮内少輔
 

安政1年〜明治37年
井上正和の長男

宮内

慶応3年〜明治4年

下総の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.