宍戸藩


秋田家→天領→松平(水戸)家

関ヶ原処分に伴い、出羽の秋田実季が宍戸5万石を与えられて、宍戸藩が成立。
秋田家は陸奥三春に移り、廃藩、代官預かりとなっていたが、水戸徳川家初代の徳川頼房が、七男の松平頼雄に1万石分知し、宍戸に陣屋を構えて、水戸連枝親藩の宍戸藩として復活。

水戸連枝藩は頼房の長男頼重が讃岐高松、三男の光圀は宗家を相続し、四男頼元が陸奥守山、五男頼隆が常陸府中、それにこの宍戸藩松平頼雄、の4家が水戸松平連枝藩である。

宍戸に陣屋を構えたとは言っても、藩主は定府であり、家臣は宗家からの出向で、ほとんどが江戸にあり、国元の家臣も水戸城外に役所構えて執務した。

幕末の藩主松平頼徳の水戸天狗党に関わるエピソードは、当時の水戸藩の悲愴ともいうべき状況を反映しているが、詳しくは吉村昭氏の小説「天狗争乱」を参照されたい。


歴代藩主

秋田家

5万石
外様 帝鑑間 陣屋


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

秋田実季(さねすえ)

従五位下 秋田城介
秋田愛季の子

二代

秋田俊季(としすえ)

従五位下 伊豆守
秋田実季の長男

陸奥三春へ

<天領>

松平(水戸)家

新知1万石
親藩(家門連枝) 帝鑑間 陣屋 定府


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(水戸)頼雄(よりお)

従五位下 大炊頭
水戸初代徳川頼房の七男

二代

松平(水戸)頼道(よりみち)

従五位下 筑後守
徳川頼房の子徳川頼利の子

三代

松平(水戸)頼慶(よりのり)

従五位下 大炊頭
松平頼道の長男

四代

松平(水戸)頼多(よりた)

従五位下 大炊頭
松平頼慶の長男

五代

松平(水戸)頼救(よりすけ)

従五位下 大炊頭
宗家水戸藩主徳川宗翰の六男

六代

松平(水戸)頼敬(よりゆき)

従五位下 靭負佐
松平頼救の長男

七代

松平(水戸)頼■(よりかた)

従五位下 大炊頭
宗家水戸藩主徳川治紀の四男

八代

松平(水戸)頼位(よりたか)

従五位下 主税頭
五代松平頼救の四男

九代

松平(水戸)頼徳(よりのり)

従五位下 大炊頭
松平頼位の長男

十代(再勤)

松平(水戸)頼位(よりたか)

従五位下 主税頭
五代松平頼救の四男

※七代頼『かた』=竹冠に均の字(第二水準漢字外)

常陸の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る