下妻藩

徳川(水戸)家→天領→松平(越前)家→松平(久松)家→天領→井上家

下妻城主は戦国領主としては多賀谷重経の領するところであったが、関ヶ原で西軍に付き、改易。

その後、後の御三家水戸藩主となる家康の11男徳川頼房が、下妻付近に10万石を与えられたり、松平(越前)忠昌が入ったり、松平(久松)定綱などが短期間在封するが、基本的には幕領時代が長く、井上正長が実質的には下妻藩祖と言える。

井上正長は甲府宰相徳川綱豊=6代将軍家宣の累進に従って大名となったものである。郡上八幡藩主井上正任の三男だったが、郡上で3千石を分知されて、一家をなし、甲府徳川家家老となって4千石、その後は家宣の将軍への道のりに添って、8千石まで累進し、家宣逝去の際の遺命で、2千石加増され、大名に列した。常陸、武蔵、下野などに1万石、陣屋を下妻に構えた。

短命の藩主が続き、ほとんど養子ばかり14代嗣いで幕末を迎えた。
下妻井上家の養子たちは、手元資料で詳しい出自、実家のプロフィールがわからない人が多く、ご教示願えれば幸いです。


歴代藩主

徳川家

10万石
親藩(御三家)


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

徳川頼房(よりふさ)
  徳川家康の十一男

常陸水戸へ

松平(越前)家

上総姉ヶ崎より 3万石
親藩


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)忠昌(ただまさ)

従五位下 伊予守
結城秀康の二男

信濃松代へ

松平(久松)家

下総山川より 3万石
親藩


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定綱(さだつな)

従五位下 越中守
伊勢桑名藩主松平(久松)定勝の三男

遠江掛川へ

<天領>

井上家

加増新知 1万石
譜代 菊間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

井上正長(まさなが)

従五位下 遠江守
美濃郡上八幡藩主井上正任の三男

二代

井上正敦(まさあつ)

従五位下 遠江守
旗本井上主水正式(まさのり)の二男

三代

井上正辰(まさとき)

従五位下 遠江守
美濃郡上藩主金森兵部少輔頼錦(よりかね)の二男

四代

井上正意(まさむね)

従五位下 遠江守
井上正辰の長男

五代

井上正棠(まさき)

従五位下 遠江守
常陸笠間〜陸奥磐城藩主井上正経の四男

六代

井上正広(まさひろ)

従五位下 遠江守
井上正棠の長男

七代

井上正建(まさのり)

従五位下 左近将監
井上正棠の二男

八代

井上正廬(まさとも)

従五位下 内膳正
肥前島原藩主松平(深溝)主殿頭忠馮の二男

九代

井上正民(まさたみ)

従五位下 遠江守
遠江浜松藩主井上正甫(まさもと)の二男

十代

井上正健(まさかた)

従五位下 遠江守
大久保左近介忠隆の長男

十一代

井上正誠(まさよし)

従五位下 遠江守
丹波篠山藩主青山下野守忠良(ただなが)の四男

十二代

井上正信(まさのぶ)

従五位下 遠江守
井上河内守正春の二男

十三代

井上正兼(まさかね)

従五位下 伊予守
遠江浜松藩主井上正甫(まさもと)の八男

十四代

井上正巳(まさおと)

従五位下 伊予守
井上正兼の二男

常陸の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る