佐野藩

佐野家→天領→堀田家→天領→堀田家

中世唐沢山城を支配した名門佐野家、秀吉は子飼いの富田知信の子を佐野家に入れる。

徳川政権下でも佐野家は無事かと思われたが、実兄の伊予宇和島藩主富田信高の罪に連座して、所領没収、改易となる。
一説には江戸に火災があった際、山上の城より、これを発見し、早馬で江戸に駆け参じたが、江戸を見下ろせる所に城を構えるは、ゆゆしい、許可を得ずに国を離れたのも良くないとして、佐野藩廃藩となったいう説も。

下馬将軍酒井忠清の「宮将軍案」に真っ向反対して、綱吉を将軍に付けた堀田正俊が、その遺領の内から、下野都賀郡、安蘇郡の内、1万石を三男堀田正高に分知別家を許され、佐野に城地を定め、佐野藩が再興する。
しかし、堀田正高は近江堅田へ移され、四代おいて、堀田正敦が再び、近江堅田より戻る。


歴代藩主

佐野家

3万9千石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

佐野信吉(のぶよし)

従五位下 修理大夫
富田知信の五男、佐野了伯房綱の養子となる

改易

<天領>

堀田家

1万石
譜代 菊間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀田正高(まさたか)

従五位下 備後守
上野安中藩主堀田正俊の三男

近江堅田へ

<天領>

堀田家

近江堅田より 1万3千石→1万6千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀田正敦(まさあつ)

従五位下 摂津守
陸奥仙台藩主伊達宗村の八男で近江堅田藩主堀田正富の養子となる

二代

堀田正衡(まさひら)

従五位下 摂津守
堀田正敦の長男

三代

堀田正頌(まさつぐ)

従五位下 信濃守
堀田正衡の長男堀田正修(まさもと)の長男

下野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.