佐倉藩

佐倉城の風景 All Photo By Ken究所長


武田(徳川)家→松平家→小笠原家→土井家→石川家→松平(形原)家→堀田家→松平(大給)家→大久保家→戸田家→稲葉家→松平(大給)家→堀田家

佐倉藩は、前半は、老中・大老となる幕格の中心人物が入封し、罷免されたり、致仕、失脚すると移動していく、という位置の重要な藩である。

家康は関東入りに際して、五男の武田信吉を佐倉に4万石で配置する。信吉が常陸水戸に移ると、六男の松平忠輝が5万石で入るが、信濃川中島(松代)へ。

小笠原秀次が尾張犬山より入って、常陸笠間へ。

下総小見川より、老中となった土井利勝が3万2千石で入って、幕閣の重鎮として累進を重ね、相次いで加増され14万2千石を領するに至る。下総古河へ転出。

豊後日田より石川忠総が7万石で入り、近江膳所へ。

摂津高崎より松平(形原かたのはら)家信が4万石で入り、次の康信が再び摂津高槻へ戻る。

信濃松本より、堀田正盛が11万石という大封を得て入るが、家光に殉死。子の正信は幕政に不満を抱き、佐倉に無断帰城したため、除封。配流地の阿波徳島で将軍家綱の死を知って自殺。

上野館林から松平(大給)乗久が入るが肥前唐津へ。

同地肥前唐津から、大久保忠朝が8万3千石で入り、老中となって、大久保長安事件以来、不遇を囲っていた大久保家中興を成し、加増の上、藩祖大久保忠隣の最初の封地相模小田原へ復帰。

武蔵岩槻から戸田忠昌が6万1千石で入り、老中となって、7万1千石に加増。次代忠真は越後高田へ。

越後高田からこれも老中の稲葉正往が10万2千石で入り、次代正知は山城淀へ。

同地、山城淀から、吉宗の参謀格の老中松平(大給)乗邑が6万石で入り、子の乗佑が出羽山形へ。

同地、出羽山形から、老中となった堀田正亮が10万石で入封。老中首座をつとめ、1万石加増11万石となる。堀田家の支配で定着。

山形からの移封に伴い、第二次堀田家佐倉藩の領地は、下総の印旛、千葉、埴生、海上、匝瑳、香取各郡のうち、上総の山辺、武射、長柄、夷隅、望陀、市原各郡のうち、さらに出羽村山郡にわたり、城付きの両総地域で7万石、山形分領が4万石あったといい、山形分領にも相当数の家臣を常駐させていた。

幕末の老中、堀田正睦は蘭学を奨励し、佐藤泰然を招いて順天堂を開かせ、学問を奨励する。ペリー来航以降、外国事務取扱の老中となり、ハリスとの日米通商条約締結などで、奔走するが、井伊直弼の大老就任で、罷免、蟄居。堀田正睦については佐藤雅美氏の著作、講談社文庫「開国」〜愚直の宰相・堀田正睦〜をご一読いただくと当時の幕閣の雰囲気がよくわかり面白い。

地図はこちら   拡大図


歴代藩主

武田(徳川)家

4万石
親藩 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

武田(徳川)信吉(のぶよし)

なし
徳川家康の五男

常陸水戸へ

松平家

武蔵深谷より 5万石 
親藩 城主 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平忠輝(ただてる)

従四位下 左近衛少将
徳川家康の六男

信濃川中島(松代)へ

小笠原家

尾張犬山より 2万2千石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原吉次(よしつぐ)

和泉守
小笠原長隆の長男

常陸笠間へ

土井家

下総小見川より 3万2千石→14万2千石
譜代 雁間 城主 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

土井利勝(としかつ)

従四位下 大炊頭 侍従
土井利昌の長男(が家康の落胤説は根強い)

下総古河へ

石川家

豊後日田より 7万石 
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

石川忠総(ただふさ)

従四位下 主殿頭
大久保忠隣の二男 家康の命で外祖父である石川家成の嗣子となる。

近江膳所へ

松平(形原かたのはら)家

摂津高槻より 4万石 
譜代 城主 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(形原)家信(いえのぶ)

従四位下 紀伊守
松平(形原)家忠の長男

二代

松平(形原)康信(やすのぶ)

従四位下 若狭守
松平(形原)家信の二男

摂津高槻へ

堀田家

信濃松本より 11万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀田正盛(まさもり)

従四位下 出羽守 侍従
堀田正吉の長男

二代

堀田正信(まさのぶ)

従五位下 上野介
堀田正盛の長男

無断帰城、除封

松平(大給)家

上野館林より 6万石 
譜代 雁間 城主 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)乗久(のりひさ)

従四位下 和泉守
松平(大給)乗寿の長男

肥前唐津へ

大久保家

肥前唐津より 8万3千石→9万3千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

大久保忠朝(ただとも)

従四位下 加賀守 侍従
大久保忠隣の三男大久保教隆の二男 従兄弟である大久保忠職の養子となる。

相模小田原へ

戸田家

武蔵岩槻より 6万1千石→7万1千石 
譜代 帝鑑間 城主 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

戸田忠昌(ただまさ)

従四位下 山城守 侍従
戸田忠次の長男

二代

戸田忠真(ただざね)

従四位下 山城守 侍従
戸田忠昌の二男

越後高田へ

稲葉家

越後高田より 10万2千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲葉正往(まさゆき)

従四位下 丹後守 侍従
稲葉正則の長男

二代

稲葉正知(まさとも)

従四位下 丹後守
稲葉正往の二男

山城淀へ

松平(大給)家

山城淀より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)乗邑(のりさと)

従四位下 和泉守 侍従
松平(大給)乗春の長男

二代

松平(大給)乗佑(のりすけ)

従五位下 和泉守
松平(大給)乗邑の二男

出羽山形へ

堀田家

出羽山形より 10万石→11万石
譜代 帝鑑間のち溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀田正亮(まさすけ)

従四位下 相模守 侍従
堀田正俊の五男堀田正武の二男

二代

堀田正順(まさなり)

従四位下 相模守 侍従
堀田正亮の六男

三代

堀田正時(まさとき)

従五位下 相模守
堀田正亮の十一男

四代

堀田正愛(まさちか)

従五位下 相模守
二代堀田正順の子堀田正功の長男

五代

堀田正睦(まさよし)

従四位下 相模守
三代堀田正時の二男

六代

堀田正倫(まさみち)

従五位下 相模守
堀田正睦の四男

下総の諸藩へ戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.