生実(おゆみ) 生実藩陣屋跡の様子 All Photo By Ken究所長

森川家

加増新知 1万石 
譜代 菊間 陣屋

こんなところにも藩があったのか、といった感じの生実藩。
しかも藩主家の出入りはげしい房総の諸藩で、珍しく一家支配を全うしている。

森川重俊は秀忠の仕えて立身し、万石に達して、下総生実に居所を構えて、生実藩が成立する。
戦国期に関東管領が分立し、足利義明が構えた小弓御所の隣接地が陣屋である。

藩祖森川重俊は老中も努め、秀忠に殉死。その後十二代に渡って、大きな所領の移動もなく、幕末を迎える。

 地図はこちら 周辺図


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

森川重俊(しげとし)

従五位下 出羽守
森川氏俊の三男

二代

森川重政(しげまさ)

従五位下 伊賀守
森川重俊の長男

三代

森川重信(しげのぶ)

従五位下 出羽守
森川重政の二男

四代

森川俊胤(としたね)

従五位下 出羽守
森川重信の二男

五代

森川俊常(としつね)

従五位下 内膳正
森川俊胤の三男

六代

森川俊令(としのり)

従五位下 内膳正
分家森川重良の二男

七代

森川俊孝(としたか)

従五位下 紀伊守
森川俊令の長男

八代

森川俊知(としとも)

従五位下 内膳正
分家森川俊輝の長男

九代

森川俊民(としたみ)

従五位下 出羽守
旗本松平忠 の七男

十一

森川俊位(としひら)

従五位下 出羽守
森川俊民の三男

十一代

森川俊徳(としのり)

従五位下 出羽守
石川総知の二男

十二代

森川俊方(としかた)

従五位下 内膳正
酒井忠方の二男

下総の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.