忍藩

松平(深溝)家→松平(東条)家→松平(長沢・大河内)家→阿部家→松平(奥平)家

家康の関東入りにあたっては四男の松平忠吉を10万石で入れ、松平(深溝)家忠が城預かりとして入る、忠吉成人に伴って本人が入り、松平(深溝)家忠は下総小見川へ。

松平忠吉は、その後尾張清洲52万石へ。

しばらく天領となるが、「知恵伊豆」松平(長沢・大河内)信綱が3万石で入り、武蔵川越へ。

下野壬生より、阿部忠秋が5万石で入り、九代にわたって歴代老中など幕閣の要職を輩出し、その後陸奥白河へ。

伊勢桑名から松平(奥平)家が10万石で入って、五代を経て、幕末に至る。

☆関係リンク 
行田市のホームページ「浮き城のまち探訪」「浮き城のまちタイムスリップ」には忍藩についての情報あり。


歴代藩主

松平(深溝ふこうず)家

1万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(深溝)家忠(いえただ)

不祥
松平(深溝)伊忠(これただ)の長男

下総小見川へ

松平(東条)家

10万石
親藩 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(東条)忠吉(ただよし)

従三位 左近衛権中将 侍従
徳川家康の四男

尾張清洲へ

松平(長沢・大河内)

3万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(長沢・大河内)信綱(のぶつな)

従四位下 伊豆守
大河内久綱の長男

武蔵川越へ

阿部家

下野壬生より 5万石→6万石→8万石→10万石 
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

阿部忠秋(ただあき)

従四位下 豊後守 侍従
武蔵岩槻藩主阿部正次の弟阿部忠吉の二男

二代

阿部正能(まさよし)

従四位下 播磨守
武蔵岩槻藩主阿部正次の長男で早世した阿部正澄の長男

三代

阿部正武(まさたけ)

従四位下 豊後守 侍従
阿部正能の長男

四代

阿部正喬(まさたか)

従四位下 豊後守 侍従
阿部正武の長男

五代

阿部正允(まさちか)

従四位下 豊後守 侍従
阿部正喬の弟旗本阿部正晴の長男

六代

阿部正敏(まさとし)

従四位下 能登守
四代阿部正喬の五男

七代

阿部正識(まさつね)

従五位下 豊後守
阿部正敏の長男

八代

阿部正由(まさよし)

従四位下 豊後守 侍従
紀伊和歌山藩主徳川宗将の十一男

九代

阿部正権(まさのり)

不祥(なしかも?)
阿部正由の二男

陸奥白河へ

松平(奥平)家

伊勢桑名より 10万石 
譜代 帝鑑間・溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠堯(ただたか)

従四位下 民部大輔
伊勢桑名藩主松平(奥平)忠翼の長男

二代

松平(奥平)忠彦(たださと)

従四位下 式部大輔 侍従
松平(奥平)忠翼の三男

三代

松平(奥平)忠国(ただくに)

従四位下 下総守 侍従 少将
松平(奥平)忠翼の五男

四代

松平(奥平)忠誠(ただざね)

従四位下 下総守 侍従 少将
下野烏山藩主大久保忠保の弟忠声の子

五代

松平(奥平)忠敬(ただのり)

従三位
出羽米沢藩主上杉斉憲の六男

武蔵の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.