小見川藩 小見川陣屋跡の写真 All Photo by Ken究所長

松平(深溝)家→土井家→安藤家→天領・佐倉領など→内田家

利根川に沿った小見川も目立たない小藩だ。

当初は松平(深溝)家忠が武蔵忍から1万石で入り、忠利が嗣いで、三河深溝(ふこうず)へ

のちに大老となり徳川幕府確立期の出頭人となる土井利勝がこの小見川に初めて万石を得る。のち下総佐倉へ。

安藤信重が上野多古郡にあった6千石に併せて、下総香取・結城郡に1万を加増され、小見川に居を定めた。上野高崎へ。

その後、約100年、廃藩となって、幕領や、佐倉藩領などとなる。

下野鹿沼より、内田正親が入って小見川藩が復活する。

内田家は家光の小姓だった内田正信が累進してに万石に達し下野鹿沼に居所を定めた。この時すでに小見川領は内田家の所領となっていた。さらに5千石加増され、1万5千石となる。内田正信は家光に殉死、次代が正衆(まさもろ)のときに所領の付け替えもあり、小見川領が1万石、下野鹿沼の居所付きの所領は5千石であった。

次の内田正偏(まさゆき)は心神喪失して妻女に斬りつけ、蟄居。嫡子正親に減封の上、1万石が与えられる。このとき、居所を小見川に移したので、小見川藩が再度成立する。

藩祖が将軍世嗣幼少の時から小姓として付き従い、累進して大名となる例は他にも多いが、内田家もその例である。

地図はこちら


歴代藩主

松平(深溝ふこうず)

武蔵忍より 1万石 
譜代 陣屋 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(深溝)家忠(いえただ)

不祥
松平(深溝)伊忠(これただ)の長男

二代

松平(深溝)忠利(ただとし)

従五位下 主殿頭
松平(深溝)家忠の長男

三河深溝へさらに三河吉田へ

土井家

新知 1万石 
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

土井利勝(としかつ)

従四位下 大炊頭 侍従
土井利昌の長男(が家康の落胤説は根強い)

下総佐倉へ

安藤家

加増新知 1万6千石  
譜代 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

安藤重信(しげのぶ)

従五位下 対馬守
安藤基能の二男

上野高崎へ

天領・佐倉藩領・鹿沼藩領など

内田家

下野鹿沼より 1万石 
譜代 菊間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内田正親(まさちか)

従五位下 出羽守
内田正偏の長男

二代

内田正美(まさよし)

従五位下 出羽守
内田正親の長男

三代

内田正良(まさよし)

従五位下 近江守
分家内田正記(まささと)の二男

四代

内田正純(まさずみ)

従五位下 伊勢守
内田正良の長男

五代

内田正肥(まさもと)

従五位下 近江守
内田正純の長男

六代

内田正容(まさかた)

従五位下 伊勢守
旗本石河貞通の三男

七代

内田正道(まさみち)

従五位下 豊後守
内田正容の長男

八代

内田正徳(まさのり)

従五位下 主殿頭
内田正容の二男

九代

内田正縄(まさつな)

従五位下 主殿頭
内田正容の三男

十代

内田正学(まさあきら)

従五位下 主殿頭
分家内田正路の子

下総の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.