荻野山中藩(駿河松長藩)


老中となって小田原に返り咲いた大久保忠朝が、子の大久保教寛に新田6千石を分与していたが、教寛が西の丸若年寄に昇進して、5千石を加増され、1万1千石となって、大名となった。

当初の所領は相模足柄郡、駿河駿東郡、富士郡のうちであったが、さらに相模の高座、大住、愛甲三郡に5千石を加増され、居所を萩野山中に構えた。
居所を相模荻野山中に移したのは、五代教翅の時で、それまでは駿河駿東郡松長を居所としたと書かれたものもある。

2代大久保教端の時に弟の教平に3千石を分知したので1万3千石で続く。

☆関連リンク 丹沢ファミリーのホームページの丹沢周辺の紹介に山中陣屋跡史跡公園のページあり。


歴代藩主

大久保家

1万3千石
譜代 菊間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

大久保教寛(のりひろ)

従五位下 長門守
相模小田原藩主大久保忠朝の二男

二代

大久保教端(のりまさ)

従五位下 筑後守
大久保教寛の長男

三代

大久保教起(のりおき)

従五位下 長門守
大久保教端の三男

四代

大久保教倫(のりみち)

従五位下 長門守
大久保教起の長男

五代

大久保教翅(のりのぶ)

従五位下 中務大輔
3千石旗本大久保教近の長男 大久保教近の父教平は二代大久保教端の弟

六代

大久保教孝(のりたか)

従五位下 出雲守
大久保教翅の長男

七代

大久保教義(のりよし)

従五位下 中務大輔
大久保教孝の長男

相模の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.