小田原藩

大久保家→天領→阿部家→天領→稲葉家→大久保家

後北条氏五代の天下の名城、小田原城は秀吉の小田原攻め後、家康の関東入国にあたっては、秀吉からの名指しで大久保忠世が領し、4万5千石で入った。
関ヶ原以前、箱根の西の東海道筋は豊臣恩顧の諸大名が並び、小田原は関東の家康の所領の最前線であった。子の大久保忠隣は、秀忠に付き、世子の身のまま既に武蔵羽生で2万石を得ていた。旧領を併せ6万5千石。忠隣は幕政の主導権争いに敗れ、大久保長安事件に連座して失脚。小田原城は城下町を取り囲む惣構と称された大外郭を破却、城の規模を大幅に縮小され、幕領として城番が管理する。

阿部正次が上総大多喜から入るが、武蔵岩槻に転出し、再び天領に。
将軍秀忠は小田原に隠居して大御所政治を行おうという意図があったが、健康悪化で、果たせなかった。

家光時代になると、春日局コネクションの出頭人の最右翼、春日局の実子稲葉正勝が、倍増に近い加増を得て、小田原8万5千石を所領。次の正則も老中を勤めた。この時の小田原藩領は相模の足柄上、足柄下、淘綾(ゆるぎ)、大住、三浦郡で、約5万石、駿河の駿東郡1万3千石、伊豆の賀茂郡3千石、下野芳賀郡に2万1千石、常陸新治郡5千石、武蔵豊島郡、新座郡に2千石、などであった。
次の稲葉正通は政争に敗れ、越後高田に移され、替わって、大久保忠朝が念願の藩祖の地に11万3千石で復帰する。
次代忠増の時には大地震で天守が崩壊、城下町も壊滅したり、富士山の宝永大噴火による降灰で、酒匂川が洪水を起こし、藩領のうち5万石を美濃・三河・播磨、などに替え地を賜り、復旧に勤めるが、藩領が完全に旧に復すのは5代あとの忠顕の時代である。
以降、大久保家の支配で幕末を迎える。


歴代藩主

大久保家

4万5千石→6万5千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

大久保忠世(ただよ)

不祥
大久保忠員の長男

二代

大久保忠隣(ただちか)

従五位下 相模守
大久保忠世の長男

謀反に連座改易
その後先祖の功により名跡取立

阿部家

上総大多喜より 2万石 
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

阿部正次(まさつぐ)

従四位下 備中守
阿部正勝の子

武蔵岩槻へ

稲葉家

下野真岡より 8万5千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲葉正勝(まさかつ)

従五位下 丹後守
稲葉正成の三男

二代

稲葉正則(まさのり)

従四位下 美濃守
稲葉正勝の二男

三代

稲葉正往(まさゆき)

従四位下 丹後守 侍従
稲葉正則の長男

越後高田へ

大久保家

下総佐倉より 11万3千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

大久保忠朝(ただとも)

従四位下 加賀守 侍従
大久保忠隣の三男大久保教隆の二男

二代

大久保忠増(ただます)

大蔵少輔
大久保忠朝の長男

三代

大久保忠方(ただまさ)

従四位下 加賀守
大久保忠増の六男

四代

大久保忠興(ただおき)

従四位下 大蔵大輔
大久保忠方の長男

五代

大久保忠由(ただよし)

従五位下 加賀守
大久保忠興の長男

六代

大久保忠顕(ただあき)

従五位下 加賀守
大久保忠由の長男

七代

大久保忠真(ただざね)

従四位下 加賀守
大久保忠顕の長男

八代

大久保忠なお(ただなお)

従四位下 加賀守
大久保忠真長男の大久保忠修の長男

九代

大久保忠礼(ただのり)

従五位下 加賀守
讃岐高松藩主松平頼恕の子

十代

大久保忠良(ただよし)

従五位下 加賀守
相模荻野山中藩主大久保教義の長男

相模の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.

.