小幡藩

織田家→松平(奥平)家

織田信長の子孫は嫡孫の三法師織田秀信が関ヶ原西軍について絶えたあとは、信長二男の信雄の子たちが結果的に嫡流となる。

大名家として残った織田家は、信雄の流れが、この小幡と、丹波柏原に。信長の弟、織田-有楽斎-長益の流れが大和芝村、大和柳本。都合4家が大名家として存続する。

なかでもこの小幡藩の織田家は嫡流として、小藩ながら国主格を与えられていたが、のち「山県大弐事件」の関わりを咎められ、家格の特別待遇を剥奪され、出羽高畠(のち天童へ移転)へ転封となる。

山県大弐は過激な尊皇論を著わし、これと小幡織田家の家老との間に親交があったことを咎められたものである。

上州小幡は、城下町の雰囲気を残した町である。


歴代藩主

織田家

2万石
外様 大広間 国主格
 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

織田信良(のぶよし)

従四位下 左少将
織田信雄の四男

二代

織田信昌(のぶまさ)

従四位下 兵部大輔
織田信良の子

三代

織田信久(のぶひさ)

従四位下 越前守 侍従
大和松山藩主織田高長の四男

四代

織田信就(のぶなり)

従四位下 美濃守 侍従
織田信久の三男

五代

織田信右(のぶすけ)

従四位下 兵部大輔
織田信就の四男

六代

織田信富(のぶとみ)

従五位下 和泉守
織田信就の七男

七代

織田信邦(のぶくに)

従五位下 美濃守
織田対馬守信栄の四男

出羽高畠(天童)へ

<天領>

松平(奥平)家 

上野上里見より 2万石 
譜代 帝鑑間 城主格


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠恒(ただつね)

従五位下 宮内少輔
松平(奥平)忠暁の子

二代

松平(奥平)忠福(ただよし)

従五位下 采女正
松平(奥平)忠恒の子

三代

松平(奥平)忠恵(ただしげ)

宮内少輔
松平(奥平)忠福の嫡孫 忠房の子

四代

松平(奥平)忠恕(ただゆき)

摂津守
松平(奥平)忠恵の長男

上野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.