七日市藩

前田家

新知1万石
外様 柳間 陣屋

前田利家の57歳の時の庶子、五男前田利孝は江戸に人質として送られ、おなじく江戸に差し出されていた嫡母芳春院の元で育てられた。大阪の陣には秀忠に属して出陣、上野に1万石を与えられ、七日市に陣屋を定め、上州唯一の外様藩として七日市藩が成立し、一家支配で幕末に至る。

家臣団は加賀金沢藩からの出向でスタートしたようである。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

前田利孝(としたか)

従五位下 大和守
前田利家の五男

二代

前田利意(としもと)

従五位下 右近大夫
前田利孝の子

三代

前田利広(としひろ)

宮内
前田利意の子

四代

前田利慶(としよし)

右京
前田利広の長男

五代

前田利英(としふさ)

不祥
前田利広の二男

六代

前田利理(としただ)

従五位下 丹後守
前田帯刀孝始(たかはる)の長男

七代

前田利尚(としひさ)

従五位下 大和守
前田利理の子

八代

前田利見(としあきら)

従五位下 右近将監
前田利尚の長男

九代

前田利以(としもち)

従五位下 大和守
加賀大聖寺藩主前田利道の六男

十代

前田利和(としよし)

従五位下 大和守
前田丹波守武宣の三男

十一代

前田利豁(としあきら)

従五位下 丹後守
越中富山藩主前田利幹の八男

十二代

前田利昭(としあき)
  前田利豁の長男

上野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.