六浦藩(金沢藩)

米倉家

下野皆川より 1万2千石
譜代 菊間 陣屋

江戸近郊の藩は地味なところが多いが、江戸からごく近い、この武蔵金沢六浦にも藩があった。
米倉家は元は武田の家臣だが、米倉重継の時、徳川家に仕えた。重継の曾孫米倉政継は600石の旗本に過ぎなかったが、次の米倉昌尹は若年寄となって累進し、万石に達し、大名となった。1万5千石を領し下野皆川に陣屋を構えた。
子の昌明は弟昌伸に3千石を分知したので、1万2千石となり、4代皆川にあって、忠仰の時に武蔵久良岐郡の金沢六浦に居所を移した。

以後、八代在封し、明治に至る。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

米倉忠仰(ただすけ)

従五位下 主計頭
柳沢吉保の四男 米倉昌照の養子となる

二代

米倉里矩(さとなり)

なし
米倉忠仰の長男

三代

米倉昌晴(まさはる)

従五位下 丹後守
旗本3千石米倉昌倫の二男

四代

米倉昌賢(まさかた)

従五位下 長門守
米倉昌晴の二男

五代

米倉昌由(まさよし)

従五位下 丹後守
旗本3千石米倉昌盈の二男

六代

米倉昌俊(まさのり)

従五位下 丹後守
肥前唐津藩主水野忠鼎の四男

七代

米倉昌寿(まさなが)

従五位下 丹後守
丹波福知山藩主朽木昌綱の三男

八代

米倉昌言(まさこと)

従五位下 丹後守
米倉昌寿の四男

武蔵の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.