水戸藩


武田(徳川)家→徳川(のちの紀伊)家→徳川(水戸)家

常陸国は佐竹家の支配するところだったが、戦国期の佐竹義重は戦国大名としての実力を持った武将で、武略・謀略も用いて常陸一国の支配を固める。
子の佐竹義宣は石田三成と親しく、関ヶ原時、明確に西軍見方を表明し、軍事行動したわけではないが、再三の対上杉出兵に応じず、不穏な動きがあったため、西軍見方と見なされ、54万石とされた佐竹家は石高未確定のまま、出羽久保田へ減転封される。

その後に家康は五男の武田信吉を入れるが、翌年亡くなってしまう。

十男頼宣が入るが、駿府に移る。

その後に十一男徳川頼房が入り、定着。御三家としての水戸家が成立する。
水戸藩は将軍の補佐を務めることを任とし、江戸定府であった。

石高は当初25万石、のち3万石加増され28万石となったが、それでも尾張、和歌山両藩に比べると半分程度である。
領内検地を行って、36万石余を打ち出し、元禄期になって、35万石を表高と認められた。

義公・水戸光圀は大日本史の編纂に力を注ぎ、尊皇・好学は藩風となっていく。

烈公・水戸斉昭は藩政改革に留まらず、時局から幕政にも容喙するに至り、罪を得る。

斉昭が登用した会沢正志斎、藤田東湖らの活動はその著書を通じ、藩の改革派のみならず、全国の他藩にも大きな影響あたえ、尊皇攘夷の火付け役となる。
しかし、斉昭が罪を得て隠居し、慶篤が藩主となるとそれまで冷遇されていた旧来の門閥派が慶篤のもとで藩の実権を握り、改革派は弾圧。

しかしペリーの来航に驚愕した幕府は海防参与として、隠居の斉昭を任じ、藩政にも斉昭改革派が復権。
ところが、井伊大老の登場で、斉昭は井伊と激しく対立、謹慎を命じられる。

この後は、もはや水戸藩は脱藩藩士による井伊大老暗殺、藩内も門閥派・改革派の抗争対立を繰り返し、実質的に内戦状態となる。改革派=天狗党は筑波山に挙兵し、いわゆる天狗党の乱となる。
このあたりの経緯は、吉村昭氏の「天狗騒乱」をお読みいただきたい。

多くの人の指摘するところだが、幕末の水戸藩は藩内抗争とその頂点たる天狗党の乱で人材払底し、尊王攘夷のトリガーを引き、幕末の志士たちの多くは水戸詣でをしているわけだが、新政府で顕官となる人物を水戸藩はほとんど出すことができなかった。司馬遼太郎先生の表現を借りれば「摩滅して」しまったということだろう。

連枝分家藩が4藩ある。徳川頼房の長男頼重を祖とする讃岐高松藩、四男頼元を祖とする陸奥守山藩、五男頼隆を祖とする常陸府中藩、六男頼雄を祖とする常陸宍戸藩である。


歴代藩主
武田(徳川)家

下総佐倉より 15万石
親藩

 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

武田(徳川)信吉(のぶよし)

なし
徳川家康の五男

嗣子なく絶家

徳川(紀伊)家  

20万石
親藩(御三家) 


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

徳川頼宣(よりのぶ)
  徳川家康の十男

駿河府中・さらに紀伊和歌山

徳川(水戸)家

常陸下妻より 35万石
親藩(御三家) 大廊下 国主


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

徳川頼房(よりふさ)

正三位 中納言
徳川家康の十一男

二代

徳川光圀(みつくに)

従三位 中納言
徳川頼房の三男

三代

徳川綱条(つなえだ)

従三位 権中納言
讃岐高松藩主、松平(水戸)頼重の二男

四代

徳川宗堯(むねたか)

従三位 左近衛権中将 参議
讃岐高松藩主、松平(水戸)頼豊の長男

五代

徳川宗翰(むねもと)

従三位 左近衛権中将 参議
徳川宗堯の長男

六代

徳川治保(はるもり)

従三位 左近衛権中将 参議
徳川宗翰の長男

七代

徳川治紀(はるとし)

正四位下 左近衛権少将
徳川治保の長男

八代

徳川斉脩(なりのぶ)

従三位 権中納言
徳川治紀の長男

九代

徳川斉昭(なりあき)

従三位 権中納言
贈従二位 権大納言
徳川治紀の三男

十代

徳川慶篤(よしあつ)

従三位 権中納言
徳川斉昭の長男

十一代

徳川昭武(あきたけ)

従一位
徳川斉昭の十八男 当初清水家を継ぎ清水昭武

常陸の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る
































.