壬生藩

日野根家→阿部家→三浦家→松平(長沢・大河内)家→加藤家→鳥居家

諏訪高島にあった日野根吉明が1万石余で入封したことに始まる。豊後府内に転じ、阿部忠秋が入り、武蔵忍へ。

三浦正次が入り、明敬の代に日向延岡へ。

摂津・河内の内から松平(長沢・大河内)輝貞が入り、上野高崎へ。

近江水口から加藤明英が入り、次の嘉矩の代に近江水口に復帰。

近江水口から鳥居家が入って、幕末まで続く。


歴代藩主

日野根家

信濃高島より 1万石余
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

日野根吉明(よしあきら)

従五位下 織部正
日根野高吉の長男

豊後府内へ

阿部家

2万5千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

阿部忠秋(ただあき)

従五位下 豊後守
阿部忠吉の長男

武蔵忍へ

三浦家

2万5千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

三浦正次(まさつぐ)

従五位下 志摩守
三浦正重の長男

二代

三浦安次(やすつぐ)

従五位下 志摩守
三浦正次の長男

三代

三浦明敬(あきひろ)

従五位下 壱岐守
三浦安次の長男

日向延岡へ

松平(長沢・大河内) 

摂津・河内の内より 3万2千石 
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(長沢・大河内)輝貞(てるさだ)

従四位下 右京大夫
松平輝綱の六男

上野高崎へ

加藤家

近江水口より 2万5千石
譜代格 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

加藤明英(あきひで)

従五位下 越中守
加藤明友の長男

二代

加藤嘉矩(よしのり)

従五位下 和泉守
加藤明英の子加藤明治の長男

近江水口へ

鳥居家

近江水口より 3万石 
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

鳥居忠英(ただてる)

従五位下 伊賀守
鳥居忠則の二男

二代

鳥居忠瞭(ただあきら)

従五位下 丹波守
鳥居忠則の五男

三代

鳥居忠意(ただおき)

従四位下 伊賀守 侍従
鳥居忠瞭の長男

四代

鳥居忠熹(ただてる)

従五位下 丹波守
鳥居忠意の長男鳥居忠見(ただみ)の二男

五代

鳥居忠威(ただあきら)

従五位下 丹波守
鳥居忠熹の二男

六代

鳥居忠挙(ただひら)

従五位下 丹波守
鳥居忠熹の四男

七代

鳥居忠宝(ただとみ)

従五位下 丹波守
鳥居忠挙の三男

八代

鳥居忠文(ただふみ)

従五位下
鳥居忠挙の五男

下野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.