(松岡藩)

中山家

新知 2万5千石

譜代 無席 城主

徳川(水戸)家附家老として、中山信吉が常陸の内に1万5千石を得、2万石に加増、次ぎの中山信政が松岡に居所設置。

六代中山信敏の時に一旦居所を常陸太田に移し、また、2万5千石へ高直しをする。

十代中山信敬の時に居所を松岡に戻す。

明治元年になって、新政府によって他の御三家附家老とともに、独立の藩として立藩。徳川幕藩体制としては「藩」として数えないのが一般的である。


歴代藩主

 

藩主

初代

中山信吉(のぶよし)

二代

中山信政(のぶまさ)

三代

中山信治(のぶはる)

四代

中山信行(のぶゆき)

五代

中山信成(のぶなり)

六代

中山信敏(のぶとし)

七代

中山信順(のぶより)

八代

中山信昌(のぶまさ)

九代

中山政信(まさのぶ)

十代

中山信敬(のぶたか)

十一代

中山信情(のぶもと)

十二代

中山信守(のぶもり)

十三代

中山信宝(のぶとみ)

十四代

中山信徴(のぶあき)

常陸の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.