前橋藩

酒井家→松平(越前)家→同、武蔵川越藩領→松平(越前)家

前橋藩は悲惨な藩である。

当初は雅楽頭系の酒井家が入り、大老、老中を次々と出す、譜代の名門藩であった。
初代酒井重忠は3万3千石を与えられたが、子の忠世はすでに部屋住み領として与えられていた伊勢崎藩5万2千石を合わせて継ぎ、8万5千石となる。
忠世は大老として幕政に大きな影響を持ち、12万2千5百石を領するに至る。次代忠行の代には忠世の隠居領を併せて、15万2千5百石にまでなる。

さらに次の「下馬将軍」酒井忠清は、弟忠能に2万2千余石を分知、3万石を幕府に返上するが、大老となった後、累進加増して15万石に復す。

しかし、その後、代を嗣ぐが、利根川の浸食で前橋城は崩壊しはじめ、本丸は放棄せざるを得ない状況となって、酒井忠恭の代に播磨姫路に移る。

同地から「転封王」と言っても良い大和守系越前松平家が入る。前橋に移って来るまでに、5回の転封を経験し引っ越し大名として有名な松平直矩を含め、この時既に歴代10回の転封を経てきている。

表高は15万石で播磨姫路と同じだが、前橋領は内高が苦しく、10回の転封費用の借財に苦しむ松平家は、さらに前橋城の修復費用にも悩まされる。しかし、その甲斐もなく、ついに前橋城は放棄せざる得ない状況になり、前橋藩領内であった武蔵川越に居所を移す。
以後、川越藩の前橋分領としての時代が長く続き、幕末になって、前橋城に復帰した。


歴代藩主

酒井家

武蔵川越より 3万3千石→5万2千石→8万5千石→12万5千石→15万2千石→15万石 
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

酒井重忠(しげただ)

従五位下 河内守
三河西尾城主酒井正親の二男

二代

酒井忠世(ただよ)

従四位下 雅楽頭 侍従
酒井重忠の長男

三代

酒井忠行(ただゆき)

従四位下 阿波守
酒井忠世の長男

四代

酒井忠清(ただきよ)

従四位下 雅楽頭 左近衛少将
酒井忠行の長男

五代

酒井忠挙(ただたか)

従四位下 雅楽頭
酒井忠清の長男

六代

酒井忠相(ただみ)

従四位下 雅楽頭
酒井忠挙の長男

七代

酒井親愛(ちかよし)

従四位下 雅楽頭
酒井忠相の長男

八代

酒井親本(ちかもと)

従四位下 雅楽頭 侍従
越前敦賀藩主酒井飛騨守忠菊の長男

九代

酒井忠恭(ただずみ)

従四位下 雅楽頭 左少将
越前敦賀藩主酒井飛騨守忠菊の三男

播磨姫路へ

松平(越前)家

播磨姫路より 15万石 
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)朝矩(とものり)

従四位下 大和守
松平(越前)明矩の長男

武蔵川越へ居所移転

<武蔵川越藩領>

松平(越前)家

武蔵川越より 17万石 
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)直克(なおかつ)

従四位上 大和守 少将
筑後久留米藩主有馬玄馬頭頼徳の五男

二代

松平(越前)直方(なおかた)
  越中富山藩主前田利聲の二男

上野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.