黒羽藩

大関家

1万8千石
外様 柳間 陣屋

大関家はいわゆる那須衆の一つであり、中世以来の豪族であった。

小田原征伐にも参陣し、秀吉に1万3千石の所領を安堵され、関ヶ原の功績で2万石を領するに至り、黒羽藩が成立する。三代増親のときに、弟の増栄、増君にそれぞれ千石を分与し、1万8千石となった。

大関家も中世以来の所領を幕末まで全うした、数少ない大名家の一つである。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

大関資増(すけます)

不祥
大関高増の三男

二代

大関政増(まさます)

不祥
大関資増の兄大関晴増の長男

三代

大関高増(たかます)

従五位下 土佐守
大関政増の長男

四代

大関増親(ますちか)

従五位下 土佐守
大関高増の長男

五代

大関増栄(ますなが)

従五位下 信濃守
大関高増の二男

六代

大関増恒(ますつね)

従五位下 信濃守
大関増栄の長男増茂の庶子

七代

大関増興(ますおき)

従五位下 伊予守
大関増恒の二男

八代

大関増備(ますとも)

従五位下 因幡守
大関増興の長男

九代

大関増輔(ますすけ)

従五位下 伊予守
大関増備の長男

十代

大関増陽(すけはる)

従五位下 美作守
大関増輔の長男

十一代

大関増業(ますなり)

従五位下 土佐守
伊予大洲藩主加藤泰衛の八男

十二代

大関増儀(ますのり)

従五位下 伊予守
先々代大関増陽の二男

十三代

大関増昭(ますあきら)

従五位下 信濃守
大関増儀の二男

十四代

大関増徳(ますよし)

従五位下 能登守
丹波篠山藩主青山下野守忠良(ただなが)の五男

十五代

大関増裕(ますひろ)

従五位下 肥後守
遠江横須賀藩主西尾忠善の子

十六代

大関増勤(ますのり)

従五位下 美作守
正三位
常陸府中藩主松平(水戸)頼説の五男の丹波山家藩主谷衛滋の庶子

下野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.