烏山藩

成田家→松下家→堀家→板倉家→那須家→永井家→稲垣家→大久保家

下野烏山藩も地味な小藩と言える。

烏山は戦国時代には那須資晴が領していたが、小田原征伐に参陣せず、没収される。その後那須家は嗣子の那須資景が5千石を那須福原に与えられた。

成田氏は戦国期には武蔵忍を本拠とする勢力で、小田原北条氏の伸張に伴ってその臣下となっていた。秀吉の小田原征伐にあたって小田原城に籠城していたが、のち秀吉から召し出され、下野烏山に領地を与えられた。家康からも同様に安堵されていたが、その後嗣子なく絶家。

常陸小張より松下重綱が入るが、陸奥二本松へ。
下野真岡より堀親義が入り、次の親昌の時に信濃飯田へ。
三河中島より板倉重矩が入り、次の重種の時に武蔵岩槻へ。
下野那須福原より那須資弥が入り、資徳に嗣ぐが、改易。
河内のうちより永井直敬が入り、忠臣蔵事件の浅野内匠頭改易のあとの播磨赤穂へ。
上総大多喜より稲垣重富が入り、次の照賢の代に志摩鳥羽へ。

近江のうちよち大久保常春が入って以後、藩主家が安定する。烏山大久保家は小田原大久保宗家の藩祖、大久保忠世の6弟忠為に始まり、子の忠知は2千石の書院番頭、その子忠高の時に万石を得て大名となり、常春の代に烏山に移って城地を定めた。


歴代藩主

成田家

3万7千石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

成田氏長(うじなが)

従五位 下総守
成田下総守長泰の長男

二代

成田長忠(ながただ)

従五位 左衛門尉
成田下総守長泰の二男

三代

成田氏宗(うじむね)

従五位 左馬助
成田長忠の長男

無嗣除封

松下家

常陸小張より 2万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松下重綱(しげつな)

従五位下 石見守
松下之綱の長男

陸奥二本松へ

堀家

下野真岡より 2万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀親良(ちかよし)

従五位下 美作守
堀秀政の二男

二代

堀親昌(ちかまさ)

従五位下 美作守
堀親良の二男

信濃飯田へ

板倉家

三河中島より 5万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

板倉重矩(しげのり)

従四位下 内膳正
板倉重昌の長男

二代

板倉重種(しげたね)

従四位下 内膳正
板倉重矩の三男

武蔵岩槻へ

那須家

下野那須福原より 2万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

那須資弥(すけみつ)

従五位下 右衛門佐
青木利長の二男

二代

那須資徳(すけのり)

不祥
陸奥弘前藩主津軽信政の三男

嗣子巡って騒動し改易
千石の交代寄合となる

永井家

河内の内より 3万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

永井直敬(なおひろ)

従五位下 伊豆守
永井尚庸の長男

播磨赤穂へ

稲垣家

上総大多喜より 2万5千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲垣重富(しげとみ)

従五位下 和泉守
三河刈谷藩主稲垣重昭の長男

二代

稲垣昭賢(てるかた)

従五位下 和泉守
稲垣重富の長男

志摩鳥羽へ

大久保家 

近江のうちより 2万石→3万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

大久保常春(つねはる)

従五位下 山城守
大久保忠高の二男

二代

大久保忠胤(ただたね)

従五位下 山城守
大久保常春の長男

三代

大久保忠卿(ただあき)

従五位下 山城守
大久保忠胤の二男

四代

大久保忠善(ただよし)

従五位下 山城守
大久保忠胤の三男

五代

大久保忠成(ただしげ)

従五位下 佐渡守
宇都宮藩主松平(深溝)忠恕の三男

六代

大久保忠保(ただやす)

従五位下 近江守
大久保忠成の長男

七代

大久保忠美(ただよし)

従五位下 佐渡守
大久保忠保の三男

八代

大久保忠順(ただより)

従五位下 佐渡守
大久保忠美の長男

下野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.