請西藩 請西藩陣屋跡 All Photo by Ken究所長

林家

加増新知 1万石
譜代 菊間 陣屋

今の木更津市。房総にはひっそりと極小藩がいくつかあります。

林家は三河以来の旗本で、林忠英の時には7千石の大身の旗本で、11代将軍家斉の御側御用取次となって、さらに若年寄に進み、3千石加増され、諸侯に列した。将軍の君側から大名に成り上がる例はいくつかあるが、この林家は、非常に後期に大名となった家として珍しい。
忠英は上総貝淵に陣屋を構えるが、次の忠旭の時に請西に陣屋を移し、請西藩と称している。

最後の藩主、林忠崇は、薩長と戊申戦争で徹底抗戦する。
江戸湾を押し渡って、箱根で薩長軍を食い止めようとするが、小田原藩が早々に薩長に下ると、一旦房総に引き上げ、さらに榎本艦隊に乗り、仙台、会津、米沢と各地で抗戦を督励するが、これらも相次いで降伏。徳川宗家が駿河で徳川家達に存続が許された報に接し、ついに降伏。
奥羽列藩同盟の各藩も軒並み減封はされているが、この時の処分で全国の幕府方諸藩の中で、完全に取り潰しとなった唯一の藩である。
忠崇本人は明治4年赦免され、宮内省に仕え、昭和16年、当時「日本最後の大名」として、94歳で亡くなっている。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

林忠英(ただふさ)

従五位下 肥後守
林忠篤の長男

二代

林忠旭(ただあきら)

従五位下 播磨守
林忠英の二男

三代

林忠交(ただかた)

従五位下 肥後守
林忠英の四男

四代

林忠崇(ただたか)

従五位
林忠旭の六男

上総の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.