伊勢崎藩

稲垣家→前橋藩領→酒井家→前橋藩領→酒井家

上野伊勢崎藩は志摩鳥羽藩の稲垣家の祖、稲垣長茂が加増によって1万石を領したことに始まる。次の重綱の代に越後藤井へ。

前橋藩の酒井重忠の嫡男、後の大老酒井忠世が部屋住み世嗣のまま、5万2千石を与えられ伊勢崎に居住するが、前橋藩を嗣ぎ、そのまま前橋藩領に組み込まれる。

忠世の2代あとは「下馬将軍」酒井忠清だが、忠清は三男の、酒井忠寛に2万石を分知し、前橋藩の支藩的な性格を帯びて、伊勢崎藩が再成立する。

その後、前橋藩酒井家は播磨姫路藩へ移って行くが、伊勢崎藩はそのまま酒井家で、幕末に至る。


歴代藩主

稲垣家

1万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲垣長茂(ながしげ)

不祥
稲垣重宗の子

二代

稲垣重綱(しげつな)

従五位下 摂津守
稲垣長茂の長男

越後藤井へ、さらに三河刈谷へ

<前橋藩領>


酒井家

新知 5万2千石
譜代 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

酒井忠世(ただよ)

従四位下 雅楽頭 侍従
酒井重忠の長男

前橋藩主を相続

<前橋藩領>


酒井家

分知 2万石
譜代 菊間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

酒井忠寛(ただひろ)

従五位下 下野守
前橋藩主酒井忠清の二男

二代

酒井忠告(ただつぐ)

従五位下 下野守
遠江横須賀藩主西尾忠成の五男

三代

酒井忠温(ただはる)

従五位下 駿河守
上野前橋藩主酒井忠恭の四男

四代

酒井忠哲(ただあきら)

従五位下 下野守
酒井忠温の子

五代

酒井忠寧(ただよし)

従五位下 信濃守
酒井忠哲の子

六代

酒井忠良(ただかた)

従五位下 伊賀守
酒井忠寧の長男

七代

酒井忠恒(ただつね)

従五位下 志摩守
酒井忠寧の二男

八代

酒井忠強(ただつよ)

下野守 明治後正五位
酒井忠恒の長男

九代

酒井忠彰(ただあき)

下野守 明治後正四位
酒井忠強の長男

上野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.