北条藩

水野家

加増 1万5千石
譜代 雁間 陣屋→城主格

信濃松本藩主であった水野忠清の四男水野忠増は、5千石、のち7千石の旗本として別家を許されていた。
その子水野忠位(ただつら)は大坂定番となり、その際、5千石の加増を受け、信濃・丹波・摂津に1万2千石を得て、諸侯に列した。

養子の忠定の時、摂津の領地を信濃に移され、さらに若年寄に昇進し、信濃の領地を安房、上総に移され、1万5千石となった。
この際、居所を安房郡北条村に定め、北条藩が成立する。

三代継いで、水野忠韶の時、江戸湾防備の関係から、安房の所領を収公され、上野国に代地を賜ったため、居所を上総市原郡の椎津村に移した。城主格を得たのは忠韶の時である。


歴代藩主

 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

水野忠定(たださだ)

従五位下 壱岐守
伊勢桑名藩主松平(久松)定重の十男で水野忠位の養子となる。

二代

水野忠見(ただちか)

従五位下 壱岐守
水野忠定の二男

三代

水野忠韶(ただてる)

従五位下 壱岐守
水野忠見の長男

上総鶴牧へ

安房の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る