五井藩

有馬家

伊勢西条・南林崎より 1万石
譜代 菊間 陣屋

八代将軍吉宗の紀州時代からの側近であった有馬氏倫は、吉宗の将軍就任にともなって2千石の直臣となり、加増を受けて伊勢西条で1万石を得る。さらに居所を伊勢南林崎に移す。

氏恕の時に領内であった上総五井に居所移転。

氏郁の時に、同じく領内の下野吹上に居所を移し、五井藩は消滅。

この有馬家は、久留米藩の有馬家を宗家とするが、和歌山藩の陪臣であった有馬氏倫が、取り立てられて、諸侯の列したので、こちらは譜代大名とということになる。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

有馬氏恕(うじよし)

従五位下 兵庫頭
信濃飯田藩主堀親長の二男

二代

有馬氏保(うじやす)

従五位下 備後守
越後長岡藩主牧野忠寛の二男

三代

有馬久保(ひさやす)

従五位下 備後守
伊勢八田藩主加納久周の二男

四代

有馬氏貞(うじさだ)

従五位下 兵庫頭
有馬久保の子

五代

有馬氏郁(うじしげ)

従五位下 備後守
有馬氏貞の長男

下野吹上へ

上総の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.