足利藩

戸田家

加増  1万1千石
譜代 菊間 陣屋

戸田忠時は200俵の旗本、戸田忠次の二男として生まれ家督を継ぐ。
戸田忠次の父は三河田原藩主戸田尊次で、この家の嫡流は下野宇都宮藩の戸田家に繋がる。
戸田忠時は御小姓組番士を振り出しに、100俵加増、将軍家綱の日光参拝に供奉して御徒歩頭に進み300俵、併せて600俵。
御目付となり、伏見奉行になって1000石加増、御小姓組番頭から西の丸家老に進み、この時甲斐に5000石を賜う。さらに3000石加増で8000石。
家宣の御側役となって3000石を加えられ、下野足利郡、河内郡、都賀郡の内で1万1千石を領するに至って諸侯に列し、足利に居所を構えて、足利藩が成立する。

戸田家の大名は、松平姓を受けている信濃松本藩が宗家と考えられる。この足利藩の戸田家は宇都宮藩の戸田家と血縁が近い。
これら3家と、美濃大垣藩、大垣新田藩の戸田家2家とは家康時代にはすでに別家である。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

戸田忠時(ただとき)

従四位下 大炊頭
旗本戸田忠次の二男

二代

戸田忠囿(ただその)

従五位下 大隅守
戸田忠時の四男

三代

戸田忠位(ただたか)

従五位下 出雲守
戸田忠囿の長男

四代

戸田忠言(ただとき)

従五位下 大炊頭
戸田忠位の長男

五代

戸田忠喬(ただたか)

従五位下 大炊頭
戸田忠言の八男

六代

戸田忠禄(ただとみ)

従五位下 長門守
戸田忠喬の三男

七代

戸田忠文(ただふみ)

従五位下 大炊頭
下野宇都宮藩主戸田忠温の四男

八代

戸田忠行(ただゆき)

従五位下 長門守
戸田忠禄の四男

下野の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.