谷村藩


徳川忠長が甲斐府中を受領すると、鳥居元忠の三男鳥居成次が家老として、甲斐谷村に付属する。

子の鳥居忠房に忠長家老職とともに継ぐが、忠長の改易にあたって、連座改易となり、従兄の出羽山形藩主鳥居忠恒に預けられる。名跡は一族の鳥居忠春が継ぐが、出羽山形の忠恒も改易となるため、忠春は鳥居宗家の名跡継ぐことになり、信濃高遠に新封を許される。

上野総社より秋元泰朝が1万8千石で入り、富朝、喬知と継いで、武蔵川越に移る。


歴代藩主

鳥居家

3万5千石
譜代 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

鳥居成次(なりつぐ)

従五位下 土佐守
鳥居元忠の三男

二代

鳥居忠房(ただふさ)

従五位下 淡路守
鳥居成次の長男

改易

秋元家

上野総社より 1万8千石
譜代 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

秋元泰朝(やすとも)

従五位下 但馬守
秋元長朝の長男

二代

秋元富朝(とみとも)

従五位下 越中守
秋元泰朝の長男

三代

秋元喬知(たかとも)

従四位下 但馬守
武蔵岩槻藩主戸田山城守忠昌の長男。秋元富朝の長女が戸田忠昌の室で、喬知は泰朝の外孫

武蔵川越へ

廃藩

<天領>

甲斐の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.