敦賀藩

酒井家

分知1万石
譜代 雁間 城主格


若狭小浜藩主の酒井忠直の二男酒井忠稠は兄の忠隆から、1万石の分知を受け一家を成し、敦賀に陣屋を置いて立藩した。

陣屋大名だったが、七代の忠[田比](ただます)の時に若年寄を務め、その功で城主格に上げられた。

譜代大名の中でも酒井家は松平親氏から出る、一門の家系。

出羽庄内の酒井家と播磨姫路の酒井家の大きく二つの系統に分かれる。どちらも諱の通字が徹底して「忠」の字なので、ややこしいが、酒井忠次の裔の前者を左衛門尉系酒井家、酒井家忠の裔の後者を雅楽頭系酒井家と呼んだりする。播磨姫路、若狭小浜、伊勢崎、安房勝山、そしてこの敦賀などが、雅楽頭系酒井家である。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

酒井忠稠(ただしげ)

従五位下 右京亮
若狭小浜藩主酒井忠直の二男

二代

酒井忠菊(ただぎく)

従五位下 飛騨守
酒井忠稠の長男

三代

酒井忠武(ただたけ)

従五位下 右京亮
酒井忠菊の三男

四代

酒井忠香(ただか)

従五位下 飛騨守
酒井忠菊の八男

五代

酒井忠言(ただのぶ)

従五位下 相模守
酒井忠香の四男

六代

酒井忠(ただえ)

従五位下 飛騨守
酒井忠言の長男

七代

酒井忠(ただます)

従五位下 右京亮
酒井忠の子

八代

酒井忠経(ただつね)

従五位下 右京亮
酒井忠の子

六代忠えの「え」は第二水準外、艸冠に盡。七代忠ますの「ます」も同様、「田」偏に「比」。

越前の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.