富山藩

前田家

分知 10万石
外様 大広間 城主

加賀金沢藩主の前田利常は二男の利次に分封を願い出て許された。

当初、越中婦負郡6万石、新川郡で1万6千石、加賀能美郡で2万石であった。婦負郡の百塚に城を築こうとするが、費用面で断念し、加賀金沢藩領内にあった富山城を借りてスタートする。

城が自藩領内にないという、異常な状態は、その後金沢藩と領地交換をして解消し、その際10万石となる。

二代藩主前田正甫は、自身が病弱だったこともあり、薬に興味を持ち、自分でも調合したり、内外の薬の製法を領内に広めさせた。富山の売薬の基礎を築いた。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

前田利次(としつぐ)

従四位下 淡路守
加賀金沢藩主前田利常の二男

二代

前田正甫(まさとし)

従四位下 大蔵少輔
前田利次の二男

三代

前田利興(としおき)

従四位下 長門守
前田正甫の二男

四代

前田利隆(としたか)

従四位下 出雲守
前田正甫の五男

五代

前田利幸(としゆき)

従四位下 出雲守
前田利隆の長男

六代

前田利與(としとも)

従四位下 淡路守
前田正隆の四男

七代

前田利久(としひさ)

従四位下 長門守
前田利幸の長男

八代

前田利謙(としのり)

従四位下 出雲守
前田利與の長男

九代

前田利幹(としつよ)

従五位下 出雲守
加賀大聖寺藩主前田利道の八男

十代

前田利保(としやす)

従四位下 出雲守
前田利謙の二男

十一代

前田利友(としとも)

従四位下 出雲守
前田利保の六男

十二代

前田利聲(としかた)

従四位下 大蔵少輔
前田利保の七男

十三代

前田利同(としあつ)

従四位下 淡路守
加賀金沢藩主前田斉泰の九男

越中の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.