高遠藩

保科家→鳥居家→内藤家

下総多古にあった保科正光が、父保科正直の故地信濃高遠に2万5千石で入封、高遠藩が成立。

保科正光は、秀忠の隠し子を嗣子として預かり、保科正之とする。正之は高遠藩主を継ぎ、3万石の一譜代大名として6年を勤めるが、家光の代になって、家光の実弟であることが内外周知のこととなるに従って、出羽山形20万石に加増転封。

同地出羽山形より、鳥居忠春が3万余石で入り、忠則に継ぐが、改易。のちに子の鳥居忠英に能登下村1万石が与えられる。

摂津より内藤清枚が3万3千石で入って、以降、内藤家の支配となる。

大奥女中絵島が高遠に配流になったのは内藤清枚が藩主の時である。


歴代藩主

保科家

下総多古より 2万5千石→3万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

保科正光(まさみつ)

従五位下 肥後守
保科正直の長男

二代

保科正之(まさゆき)

正四位下 肥後守 左近衛中将
徳川秀忠の四男

出羽山形へ

鳥居家

出羽山形より 8万石  
譜代 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

鳥居忠春(ただはる)

従五位下 主膳正
出羽山形藩主鳥居忠政の三男

二代

鳥居忠則(ただのり)

従五位下 左京亮
鳥居忠春の長男

自害改易
のち、忠則長男の鳥居忠英に、名跡取立。能登下村1万石→近江水口2万石

内藤家

安房勝山摂津のうちより 3万3千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤清枚(きよかず)

従五位下 丹後守
水野守行の二男

二代

内藤頼卿(よりのり)

従五位下 伊賀守
内藤清枚の長男

三代

内藤頼由(よりゆき)

従五位下 大和守
信濃飯山藩主永井直敬の五男

四代

内藤頼尚(よりたか)

従五位下 伊賀守
越後村上藩主内藤信興の三男

五代

内藤長好(ながよし)

従五位下 大和守
三代頼由が養子として迎えていた尾張徳川宗勝の子内藤頼多の長男 頼多は早世。

六代

内藤頼以(よりもち)

従五位下 大和守
陸奥福島藩主板倉勝矩の五男

七代

内藤頼寧(よりやす)

従五位下 大和守
内藤頼以の二男

八代

内藤頼直(よりなお)

従五位下 大和守
内藤頼寧の七男

信濃の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.