高島藩

日根野家→諏訪家

諏訪家は武田家滅亡後、徳川傘下に入っていたため、秀吉によって徳川家が駿・遠・三・甲・信の五州から関東へ移されるに付いて、諏訪頼忠は諏訪を離れ、武蔵に移っていた。

日根野高吉が諏訪に入れられ、吉明に継ぐが、下野壬生に転封。

諏訪頼忠の子諏訪頼水が旧領高島藩に復した。当初2万7千石、大坂の陣の勲功で5千石加増、三代諏訪忠晴の代に2千石を分知して、石高は3万石となって、以後十代を継いで、明治に至る。


歴代藩主

日根野家

外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

日根野吉明(よしあきら)

従五位下 織部正
日根野高吉の長男

下野壬生へ

諏訪家

上野惣社より 3万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

諏訪頼水(よりみず)

従五位下 因幡守
諏訪頼忠の長男

二代

諏訪忠恒(ただつね)

従五位下 出雲守
諏訪頼水の長男

三代

諏訪忠晴(ただはる)

従五位下 因幡守
諏訪忠恒の長男

四代

諏訪忠虎(ただとら)

従五位下 安芸守
諏訪忠晴の子

五代

諏訪忠林(ただとき)

従五位下 因幡守
分家諏訪美濃守頼篤の二男

六代

諏訪忠厚(ただあつ)

従五位下 安芸守
諏訪忠林の二男

七代

諏訪忠粛(ただたか)

従五位下 伊勢守
諏訪忠厚の長男

八代

諏訪忠恕(ただみち)

従五位下 伊勢守
諏訪忠粛の長男

九代

諏訪忠誠(ただまさ)

従三位 因幡守
諏訪忠恕の長男

十代

諏訪忠礼(ただあや)

従五位下 伊勢守
一門諏訪左源太頼威の二男

信濃の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.