高田藩

松平家→酒井家→松平(越前)家→松平(越前)家→稲葉家→戸田家→松平(久松)家→榊原家

越後高田藩は数奇な運命の藩である。

上杉謙信輝虎の本拠地春日山城は、上杉景勝の会津転封後、堀秀政父子春日山に入り、さらに海沿いの福島に築城するが、家康政権下となって、豊臣大名であった堀家は除封。
信濃松代から家康の六男、松平忠輝が越後のほとんどと信濃北部で60万石(一説に75万石)で入る。忠輝は高田に築城し、高田藩が成立。上杉家の旧領を抑え、加賀の前田家にも備えるというポリシーで、家康は実子を謙信の故地に入れたのである。

ところが、ご承知のように、松平忠輝は不行跡を咎められ、除封されてしまう。隆慶一郎氏の「捨童子松平忠輝」(新潮文庫)は、隆氏特有の伝奇的な面が強調されすぎている嫌いがあるが、松平忠輝については必読書。

徳川四天王家の一つである酒井家次が上野高崎より10万石で入り忠勝が継ぐが、信濃松代へ転出。

同地信濃松代より、結城秀康の二男松平(越前)忠昌が25万9千石で入る。
ところが兄の越前福井藩主松平(越前)忠直が、例の有名な乱行圧政の限りを尽して咎めを受け、子の松平(越前)光長は高田に減転封され、甥に替わって、この高田の忠昌が越前福井に行き、交替する。

しかしこの松平光長も有名な継嗣を巡る重臣の対立である越後騒動で除封。(その後、裔は美作津山藩に取立)
越前松平家の宗家はこの裔の津山藩の松平家ということになり、結城秀康以来の伝来物も津山の越前松平家に多く伝わる。

つまり、家康の生き残ったうちの子のうち一番上の子の長男の家系は、美作津山藩の松平家ということになる。

松平(越前)家は将軍家にとって兄筋であるから、煙たい存在ではあり、排除したい意図もあったとは思うが、それにしても越前家の藩主たちの自滅ぶりは目を覆うばかりである。

この後、しばらく城番制で幕領となる。

相模小田原から稲葉正往が10万3千石で入って高田藩は復活するが、すぐに下総佐倉へ。

このあたりから越後高田藩は左遷地とは言わないまでも、老中を退いた藩主や、咎めを受けた大名が配されることが多くなり、当初松平忠輝を入れた加賀前田、上杉への抑えというような意味合いは薄くなくなってしまう。

下総佐倉より戸田忠真が6万8千石で入り、下野宇都宮へ。

伊勢桑名より松平(久松)定重が11万3千石で入って、5代継ぎ、陸奥白河へ。この間厳格な藩政のため、大規模な一揆騒動が起きている。

播磨姫路から、徳川四天王家の一つである榊原政長が15万石で入り、これでやっと藩主家が安定し、明治に至る。これも政長の先代榊原政岑の不行跡を咎められた、姫路からの左遷であった。
城付きの越後には6万石で、遠隔の陸奥四郡に9万石という構成であって、統治に苦慮したが、政敦の代に陸奥分領に大規模な一揆が起きて、怪我の功名で5万石を越後頚城郡に付け替えられた。

次の榊原政令は名君として知られている。


歴代藩主

松平(徳川)家

信濃松代より 60万石  
親藩 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平忠輝(ただてる)

従四位下 左近衛少将
徳川家康の六男

改易

酒井家

上野高崎より 10万石  
譜代 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

酒井家次(いえつぐ)

従五位下 左衛門尉
酒井忠次の子

二代

酒井忠勝(ただかつ)

従四位下 宮内大輔
酒井家次の長男

信濃松代へ

松平(越前)家

信濃松代より 25万9千石  
親藩 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)忠昌(ただまさ)

従五位下 伊予守
結城秀康の二男

越前福井へ

松平(越前)家

越前福井より 26万石  
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)光長(みつなが)

従三位 権中将 越後守
結城秀康の長男松平(越前)忠直の長男

改易
のちに美作津山に名跡取立

<天領>

稲葉家

相模小田原より 10万3千石 
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲葉政往(まさゆき)

従四位下 丹後守 侍従
稲葉正則の長男

下総佐倉へ

戸田家

下総佐倉より 6万8千石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

戸田忠真(ただざね)

従四位下 山城守 侍従
戸田忠昌の二男

下野宇都宮へ

松平(久松)家

伊勢桑名より 11万3千石 
譜代 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定重(さだしげ)

従五位下 越中守
伊予松山藩主松平(久松)隠岐守定頼の子

二代

松平(久松)定逵(さだみち)

従五位下 因幡守
松平(久松)定重の五男

三代

松平(久松)定輝(さだてる)

従五位下 越中守
松平(久松)定逵の長男

四代

松平(久松)定儀(さだのり)

従五位下 越中守
初代松平(久松)定重の子で、分家して寄合旗本となったいた。甥の定輝が早世しその養子となる。

五代

松平(久松)定賢(さだよし)

従四位下 越中守
陸奥守山藩主松平(水戸)大学頭頼貞の三男

陸奥白河へ

榊原家

播磨姫路より 15万石 
譜代 帝鑑間のち溜間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

榊原政永(まさなが)

従四位下 式部大輔 侍従
榊原政岑の子

二代

榊原政敦(まさあつ)

従四位下 式部大輔 侍従
榊原政永の長男

三代

榊原政令(まさのり)

従四位下 遠江守
榊原政敦の長男

四代

榊原政養(まさきよ)

従四位下 右京大夫
榊原政令の子

五代

榊原政愛(まさちか)

従四位下 式部大輔 侍従
榊原政令の子

六代

榊原政敬(まさたか)

従四位下 式部大輔 侍従
榊原政令の三男榊原政賢の子

越後の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.