須坂藩

堀家

加増 1万石  
外様 柳間 陣屋

須坂藩の堀家は、堀直政の三男堀直重を祖とする。
兄の直寄が越後村松藩、弟の直之が越後椎谷藩に繋がる。
この3藩の堀家は、いずれも堀久太郎秀政の本家ではなく、その家老、堀(奥田)直政の裔である。
堀秀政の嫡流は無嗣絶家となっていて、秀政の二男親昌が信濃飯田藩の祖となっている。

堀直重は信濃高井郡などに8千石を知行していたが、大坂の陣の勲功で4千石を加増され、1万2千石となって諸侯に列し、須坂に居所を定めた。
直升の代に弟直昭(なおあき)に1千石、直久(なおひさ)、直房(なおふさ)に500石ずつ分知し、1万石となる。

以来、堀家の支配で、14代を継ぎ、明治に至る。

幕末の藩主、堀直虎は外様ながら、若年寄兼外国奉行を勤めたが、慶喜の御前会議で自分の意見が採用されず江戸城中で切腹した。


歴代藩主

 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀直重(なおしげ)

従五位下 淡路守
堀直政の四男

二代

堀直升(なおます)

従五位下 淡路守
堀直重の長男

三代

堀直輝(なおてる)

従五位下 肥前守
堀直升の長男

四代

堀直佑(なおすけ)

従五位下 長門守
堀直輝の長男

五代

堀直英(なおひで)

従五位下 淡路守
越後村松藩主堀直利の三男

六代

堀直寛(なおひろ)

従五位下 長門守
堀直英の長男

七代

堀直堅(なおかた)

従五位下 淡路守
堀直寛の長男

八代

堀直郷(なおさと)

従五位下 長門守
堀直寛の三男

九代

堀直晧(なおてる)

従五位下 内蔵頭
筑後三池藩主立花長熙の四男

十代

堀直興(なおおき)

従五位下 淡路守
堀直晧の長男

十一代

堀直格(なおただ)

従五位下 内蔵頭
堀直晧の三男

十二代

堀直武(なおたけ)

従五位下 淡路守
堀直格の長男

十三代

堀直虎(なおとら)

従五位下 長門守
堀直格の五男

十四代

堀直明(なおあきら)

従五位下 長門守
堀直格の六男

信濃の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.