椎谷藩

堀家

上総八幡より 1万石  
譜代 菊間 陣屋

大名としての堀家は、信濃飯田藩の堀家、信濃須坂藩の堀家、越後村松藩の堀家と、この越後椎谷藩の堀家の4家があるが、それぞれに複雑なプロフィールがあり、混乱する。飯田藩の堀家が宗家の堀秀政に連なり、村松、須坂、椎谷の堀家は本来堀家の家老で奥田を名乗っていた堀直政に連なる家である。越後村松藩の項も参照願いたい。

堀直政の四男堀直之は、大坂の陣の功で1千石の旗本となった。直之は町奉行、寺社奉行など、幕府の役職を歴任し、その後、直景、直良と継いで、堀直宥(なおさだ)の時に、上総に1万石を領して大名となった。

堀宗家、村松藩堀家は豊臣大名という来歴から当然外様だが、この椎谷堀家は、旗本から加増されて大名となったことや、直宥の妻が春日局の姪であった関係もあり、譜代大名となっている。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)
 

堀直景(なおかげ)

従五位下 式部少輔
堀直之の長男
 

堀直良(なおよし)

従五位下 飛騨守
堀直景の長男

初代

堀直宥(なおさだ)

従五位下 式部少輔
堀直良の長男

二代

堀直央(なおなか)

従五位下 飛騨守
堀直宥の長男

三代

堀直恒(なおつね)

従五位下 遠江守
堀直宥の四男

四代

堀直旧(なおひさ)

従五位下 出雲守
堀直央の二男

五代

堀直喜(なおよし)

従五位下 飛騨守
堀直恒の二男

六代

堀直著(なおあき)

従五位下 大膳亮
信濃須坂藩主堀直英の三男

七代

堀直宣(なおのぶ)

従五位下 備前守
堀直著の長男

八代

堀直朝(なおとも)

従五位下 式部少輔
堀直著の二男

九代

堀直起(なおのり)

従五位下 近江守
松平(大給)乗佑の三男

十代

堀直温(なおはる)

従五位下 筑後守
備前岡山藩主池田治政の三男

十一代

堀直哉(なおちか)

従五位下 近江守
肥前唐津藩主水野忠光の三男

十二代

堀之敏(ゆきとし)

従五位下 出雲守
堀直哉の長男

十三代

堀之美(ゆきよし)

従五位下 右京亮
堀之俊の子

越後の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.