新発田藩新発田城の写真へ

溝口家

6万石→5万石→10万石
外様 大広間 城主

越後一国を領していた上杉家を会津に転封させた後、秀吉は堀秀治を越後春日山に入れ、その与力として、溝口秀勝を新発田に、村上頼勝を村上に付属させた。

その後、堀家、村上家とも改易となっていくが、新発田の溝口家は一家支配のまま無事に明治に至る。

二代宣勝の時に弟義勝に1万石を分与し、5万石になるが宣勝は新田開発で、1万5千石を打ち出し、三代宣直に相続する際、宣直の3人の弟、宣秋に6千石、宣俊に5千石、宣知に4千石を分与。

十一代直溥の代になって、10万石への高直しを幕府に申請し、認められたが、これには藩内でも、家格が上がると言うメリットと、財政窮迫の折りの今更の高直しは却って過剰な加役を加えられるのではというデメリットを巡って論争があった。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

溝口秀勝(ひでかつ)

従五位下 伯耆守
溝口勝政の子

二代

溝口宣勝(のぶかつ)

従五位下 伯耆守
溝口秀勝の長男

三代

溝口宣直(のぶなお)

従五位下 出雲守
溝口宣勝の子

四代

溝口重雄(しげかつ)

従五位下 信濃守
溝口宣直の長男

五代

溝口重元(しげもと)

従五位下 伯耆守
溝口重雄の子

六代

溝口直治(なおはる)

従五位下 信濃守
溝口重元の長男

七代

溝口直温(なおあつ)

従五位下 出雲守
分家溝口摂津守直道の四男

八代

溝口直養(なおやす)

従五位下 主膳正
溝口直温の長男

九代

溝口直侯(なおよし)

従五位下 出雲守
溝口直温の二男

十代

溝口直諒(なおあき)

従五位下 伯耆守
溝口直侯の子

十一代

溝口直溥(なおひろ)

従五位下 主膳正
溝口直諒の子

十二代

溝口直正(なおまさ)

従五位下 伯耆守
溝口直溥の四男

越後の諸藩に戻る

北陸・甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.