鯖江藩

間部家

越後村上より 5万石→4万石
譜代 雁間 陣屋
(城主を許されるが実現せず)

間部詮房は後の六代将軍の徳川家宣が、まだ徳川綱豊と称して甲府にあったときに、父の代から申楽師として仕え、信を得た。
家宣の将軍就任に伴い側用人となり、特に幼少の七代将軍家継の時代にあっては、天下に恐れるもののない幕政の中心人物となった。
吉宗が将軍となるにあたって、失脚し、上野高崎から、越後村上へ転封。間部詮言に継いで、この越前鯖江に移ってくる。

鯖江は、間部氏入封までは全くの一介の漁村で、若狭小浜藩領や越前福井藩領が入り組み、陣屋や、家臣の屋敷の設営地の選定もままならない状況であった。とりあえず移った家臣は近郷の民家に分宿するありさまであった。

小浜藩領と領地交換をして、ようやく陣屋、屋敷の設営に着手できた。こんな状況で、藩財政は当初から困窮を極めた。
特に間部詮勝が幕閣に入って活躍すると、それに伴う出費も莫大となった。西丸老中となった時、将軍家慶から、築城を許され、5千両を賜るが、鯖江城築城は実現に至らなかった。
さらに詮勝は井伊直弼首班の幕閣で老中となるが、桜田門外の変の後、安政の大獄の責任をとらされ、1万石の減封を受け、4万石となる。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

間部詮言(あきこと)

従五位下 下総守
間部(西田)清貞の五男 詮房の弟

二代

間部詮方(あきみち)

従五位下 丹後守
間部詮言の兄詮貞の長男

三代

間部詮央(あきなか)

従五位下 主膳正
間部詮方の二男

四代

間部詮茂(あきとお)

従五位下 下総守
間部詮方の二男

五代

間部詮熙(あきひろ)

従五位下 若狭守
間部詮茂の長男

六代

間部詮允(あきざね)

従五位下 主膳正
間部詮煕の長男

七代

間部詮勝(あきかつ)

従五位下 下総守
間部詮煕の三男

八代

間部詮実(あきざね)

従五位下 安房守
間部詮勝の二男

九代

間部詮道(あきみち)

正五位 下総守
間部詮勝の九男

越前の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.