小浜藩

京極家→酒井家

大津城主だった京極高次が9万2千石で入り、立藩。11万3千石に加増となり、子の京極忠高が継いで、出雲松江へ。

武蔵川越より、酒井忠勝が11万3千石で入る。1万石を加増されるが、忠直の時に、甥の酒井忠国に安房勝山1万石を、忠隆の時に弟の酒井忠稠に越前敦賀1万石を分知し、10万3千石となる。

小浜の酒井家の祖、酒井忠利は、酒井正親の二男で、兄の酒井重忠は姫路の酒井家に繋がる。


歴代藩主

京極家

9万2千石→11万3千石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

京極高次(たかつぐ)

従三位 若狭守 参議
京極高吉の子

二代

京極忠高(ただたか)

従四位下 左近衛権少将
京極高次の子

出雲松江へ

酒井家

武蔵川越より 11万3千石→10万3千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

酒井忠勝(ただかつ)

従四位上 讃岐守 左少将
酒井忠利の長男

二代

酒井忠直(ただなお)

従四位下 修理大夫 侍従
酒井忠勝の四男

三代

酒井忠隆(ただたか)

従四位下 遠江守
酒井忠直の長男

四代

酒井忠囿(ただその)

従四位下 靭負佐
酒井忠隆の長男

五代

酒井忠音(ただしげ)

従四位下 修理大夫 侍従
酒井忠直の二男越前敦賀藩主酒井忠稠の二男

六代

酒井忠存(ただあきら)

従五位下 備後守
酒井忠音の三男

七代

酒井忠用(ただもち)

従四位下 修理大夫 侍従
酒井忠音の四男

八代

酒井忠与(ただよし)

従四位下 遠江守
酒井忠音の五男

九代

酒井忠貫(ただつら)

従四位下 修理大夫
酒井忠与の子

十代

酒井忠進(ただゆき)

従四位下 讃岐守 侍従
越前敦賀藩主酒井忠香の六男

十一代

酒井忠順(ただより)

従四位下 修理大夫
酒井忠貫の二男

十二代

酒井忠義(ただあき)

従四位上 修理大夫 少将
酒井忠進の六男

十三代

酒井忠氏(ただうじ)

従四位下 若狭守
酒井忠欽の三男

十四代
(再勤)

酒井忠禄(ただとし)
十二代酒井忠義再勤

従四位上 少将
酒井忠進の六男

若狭の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.