長岡藩 長岡城址の現況 All Photo By Ken究所長

堀家→牧野家

越後高田にあった、家康の六男松平忠輝が改易され、それに伴って越後は小藩分立の状態になる。
信濃飯山より、堀直寄が8万石に増転封で長岡に入って、長岡藩が成立。

堀直寄は越後村上に転封になり、替わって越後長峯より牧野忠成が入る。

以後、川越藩と庄内藩の領地替えが長岡藩を巻き込んでの三方替えだったので、川越に移されそうになるが、転封中止で、結局、牧野家の支配で、幕末に至る。

牧野家は戦国期には東三河牛久保に拠った土豪で、当初は今川氏の勢力下にあって、西三河の松平氏と対立していた。家康の台頭に伴い、牧野一党は徐々に松平氏に従い、中でも牧野右馬允成定は同族の牧野出羽守保成を追放して家康に従った。家康の関東入りにあたっては、成定の子の牧野康成が上野大胡に2万石を与えられた。
康成の子忠成は越後長峯5万石を得、さらに長岡に入り、7万4千石を得た。
二代の忠成は初代忠成の子の光成の子だが、父光成が早世し、初名忠盛といったが、祖父忠成の名乗りを譲られた。

幕末の河井継之介の活躍については、ここで改めて触れるまでもない。
各種著作をご参照願いたい。

また、同じく家老の山本帯刀の長岡落城後の事跡も、後の山本五十六による山本家再興のエピソードと併せて、非常に感を催させるが、これも他に譲りたい。


歴代藩主

堀家

信濃飯山より 8万石  
譜代 菊間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀直寄(なおより)

従五位下 丹後守
堀直政の二男

越後村上へ

牧野家

越後長峯より 7万4千石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

牧野忠成(ただなり)

従四位下 右馬允
牧野康成の長男

二代

牧野忠成(ただなり)
《忠盛(ただもり)》

従五位下 飛騨守
初代牧野忠成の長男忠虎の長男
初名忠盛といったが、祖父の遺徳を慕い忠成を名乗る。

三代

牧野忠辰(ただとき)

従五位下 駿河守
二代の牧野忠成の長男

四代

牧野忠寿(ただかず)

従五位下 駿河守
近江膳所藩主本多康慶の三男

五代

牧野忠周(ただちか)

従五位下 民部少輔
牧野忠寿の長男

六代

牧野忠敬(ただたか)

従五位下 駿河守
常陸笠間藩主牧野貞通の長男

七代

牧野忠利(ただとし)

従五位下 駿河守
常陸笠間藩主牧野貞通の子、忠敬の弟

八代

牧野忠寛(ただひろ)

従五位下 駿河守
五代牧野忠周の子

九代

牧野忠精(ただきよ)

従四位下 備前守 侍従
牧野忠寛の長男

十代

牧野忠雅(ただまさ)

従四位下 備前守
牧野忠精の四男

十一代

牧野忠恭(ただゆき)

従四位下 備前守
三河西尾藩主松平(大給)乗寛の三男

十二代

牧野忠訓(ただくに)

従五位下 駿河守
丹後宮津藩主本庄宗秀の二男

十三代

牧野忠毅(ただかつ)

従三位
牧野忠恭の四男

越後の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.