村上藩 村上城址

村上家→堀家→本多家→松平(越前)家→榊原家→本多家→松平(長沢・大河内)家→間部家→内藤家

越後村上は左遷地の印象が強い藩である。

越後一国を領した上杉家を会津に転封させた後、秀吉は堀秀治を越後に入れ、その与力として、溝口秀勝を新発田に、村上義明を当時本庄と呼ばれていたこの地9万石で配した。地名村上としたのはこの時である。除封。

堀直寄が入るが、堀家も次の直定が8歳で夭折し無嗣絶家。

遠江掛川より本多忠義が10万石で入り、陸奥白河へ。

随所に登場する有名な引っ越し大名、松平(越前)直矩が播磨姫路から15万石で入って、播磨姫路に戻っていく。村上転封時、直矩は9歳で、天下の姫路城を治めるに心許ないという理由であった。

入れ替わって播磨姫路より榊原政倫が15万石で入って、政邦に継いで、これも旧領の姫路へ帰る。これも榊原政倫は3歳で姫路から移され、同じ理由である。

やはり入れ替わりで播磨姫路から本多忠孝が15万石で入るが、無嗣除封となり、一族の忠良に5万石で名跡取立が許される。三河刈谷へ。
本多忠孝の場合も7歳だったので、全く同じ理由。
逆に見れば、中国四国の諸大名の抑えとしての役割を期待し巨城姫路城に、家門や四天王の裔を配したものの、不運にして藩主に恵まれなかったとも言える。

上野高崎より綱吉政権の枢要を担った老中松平(長沢・大河内)輝貞が、家宣政権となって失脚しが7万2千石で入って、吉宗政権で復権すると旧領の高崎へ戻る。

同様に家宣の寵臣、家継時代の最高実力者間部詮房が吉宗時代になって失脚して、入れ替わりで上野高崎から5万石で入る。詮言に継いで、越前鯖江へ。

駿河田中から、内藤弌信が5万石で入ってようやく定着し、以後内藤家の支配で明治に至る。


歴代藩主

村上家

9万石 
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

村上義明(よしあき)
忠勝(ただかつ)とも

従五位下 周防守
村上清国の子

家中騒動し改易

堀家

越後長岡より 10万石 
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀直寄(なおより)

従五位下 丹後守
堀直政の二男

二代

堀直定(なおさだ)

不祥
堀直寄の長男堀直次の子 嫡孫

無嗣除封
後、叔父の堀直時に越後村松で名跡取りたて

本多家

遠江掛川より 10万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠義(ただよし)

従五位下 能登守
徳川四天王の一人本多忠勝の長男播磨姫路藩主本多忠政の三男

陸奥白河へ

松平(越前)家

播磨姫路より 15万石  
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)直矩(なおのり)

従四位下 大和守 侍従
結城秀康の五男松平直基の三男

播磨姫路へ

榊原家

播磨姫路より 15万石  
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

榊原政倫(まさとも)

従五位下 式部少輔
榊原政房の長男

二代

榊原政邦(まさくに)

従四位下 式部少輔
一門榊原伊織勝直の長男

播磨姫路へ

本多家

播磨姫路より 15万石→無嗣除封、名跡取り立て5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠孝(ただたか)

なし
本多忠国の三男

二代

本多忠良(ただよし)

従四位下 中務大輔 侍従
播磨山崎藩主本多肥後守忠英の長男

三河刈谷へ

松平(長沢・大河内)

上野高崎より 7万2千石  
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(長沢・大河内)輝貞(てるさだ)

従四位下 右京大夫 侍従
松平(長沢・大河内)輝綱の六男

上野高崎へ

間部家

上野高崎より 5万石  
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

間部詮房(あきふさ)

従四位下 越前守
間部(西田)清貞の長男

二代

間部詮言(あきこと)

従五位下 下総守
間部(西田)清貞の五男

越前鯖江へ

内藤家

駿河田中より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤弌信(かずのぶ)

従四位下 豊前守
内藤信光の二男

二代

内藤信輝(のぶてる)

従五位下 紀伊守
陸奥棚倉藩主内藤信良の三男

三代

内藤信興(のぶおき)

従五位下 紀伊守
内藤信輝の四男

四代

内藤信旭(のぶあきら)

従五位下 豊前守
内藤信興の長男

五代

内藤信凭(のぶより)

従五位下 紀伊守
内藤信興の二男

六代

内藤信敦(のぶあつ)

従四位下 紀伊守 侍従
内藤信凭の長男

七代

内藤信思(のぶもと)

従四位下 紀伊守 侍従
内藤信敦の三男

八代

内藤信民(のぶたみ)

従五位下 豊前守
信濃岩村田藩主内藤豊前守正縄の五男

九代

内藤信美(のぶとみ)

従五位下 豊前守
和泉岸和田藩主岡部長寛の二男

越後の諸藩に戻る
北陸・甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.