松代藩(川中島藩も含む)

森家→松平家→松平(越前)家→酒井家→真田家

城地を松代と呼ぶのは真田家からなので、川中島藩は本来別項を立てるべきとは思うが、実質的に継承しているので、一括して扱う。

森蘭丸、力丸、坊丸の末弟、森忠政が13万石で入封。美作津山へ。

下総佐倉より、家康の六男松平忠輝が12万石で入り、川中島領を領有のまま、越後高田60万石へ。

忠輝改易を受けて、常陸下妻より、松平(越前忠昌)が入り、さらに越後高田へ。

越後高田から交代で酒井忠勝が入って、出羽庄内へ。

信濃上田より、真田信之が13万5千石で入り、以後、真田家の支配で幕末に至るが、二代信政の代に沼田3万5千石を分知し、石高10万石となる。

初代真田信之と父昌幸、弟幸村とのエピソードなど、真田家草創期については、ぜひとも池波正太郎氏の真田太平記(文春文庫)を初めとする真田もの各著をご一読願いたい。

八代真田幸貫は松平定信の二男という血筋もあってか、水野忠邦首班の幕閣に、外様大名ながら老中として参画した。

真田家関連リンクとしては、ここがお薦め!真田氏の館「三代録」


歴代藩主

森家

13万7千石  
外様 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

森忠政(ただまさ)

従四位下 右近大夫 侍従
森可成の十男

美作津山へ

松平(徳川)家

下総佐倉より 12万石  
親藩 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平忠輝(ただてる)

従四位下 左近衛少将
徳川家康の六男

越後高田へ

<高田藩領>

松平(越前)家

常陸下妻より 万石  
親藩 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)忠昌(ただまさ)

従五位下 伊予守
結城秀康の二男

越後高田へ

酒井家

越後高田より 10万石
譜代 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

酒井忠勝(ただかつ)

従四位下 宮内大輔
酒井家次の長男

出羽庄内(鶴岡)へ

真田家

信濃上田より 13万5千石→10万石
外様 帝鑑間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

真田信之(のぶゆき)

従五位下 伊豆守
真田昌幸の長男

二代

真田信政(のぶまさ)

従五位下 内記
真田信之の二男

三代

真田幸道(ゆきみち)

従四位下 伊豆守
真田信之の六男

四代

真田信弘(のぶひろ)

従五位下 伊豆守
真田信政の長男真田信就の七男

五代

真田信安(のぶやす)

従五位下 伊豆守
真田信弘の四男

六代

真田幸弘(ゆきひろ)

従四位下 右京大夫
真田信安の長男

七代

真田幸専(ゆきたか)

従四位下 弾正大弼
近江彦根藩主井伊直幸の四男

八代

真田幸貫(ゆきつら)

従四位下 右京大夫
陸奥白河藩主松平(久松)定信の二男

九代

真田幸教(ゆきのり)

従四位下 右京大夫
真田幸貫の子真田幸良の子

十代

真田幸民(ゆきたみ)

従二位 信濃守
伊予宇和島藩主伊達宗城の二男

信濃の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.