黒川藩 黒川陣屋跡の様子 All Photo By Ken究所長

柳沢家

甲斐のうちより 1万石
譜代 帝鑑間 陣屋

甲斐府中に増転封された柳沢吉保その子吉里は、甲斐国内に新田藩を創出し、吉保の二男柳沢経隆と、三男の柳沢時睦(ときちか)に、新田分知していた。
宗家の柳沢吉里が大和郡山に移されると、甲斐にあった新田領も自動的に失い、郡山には代地がなかったため、代わりに越後蒲原郡内に移され、黒川に陣屋を構えた。柳沢時睦の三日市藩も同様。

藩主は定府で、始めて国入りしたのは慶応元年、六代柳沢光被である。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

柳沢経隆(つねたか)

従五位下 刑部少輔
柳沢吉保の四男

二代

柳沢里済(さとずみ)

従五位下 刑部少輔
宗藩柳沢吉里の家臣柳沢因幡守保教の五男

三代

柳沢里旭(さとあきら)

不祥
柳沢里済の兄柳沢里光の長男

四代

柳沢保卓(やすたか)

従五位下 民部少輔
柳沢里央の二男

五代

柳沢信有(のぶとう)

従五位下 伊勢守
柳沢保卓の長男

六代

柳沢光被(みつひ)

従五位下 伊勢守
柳沢信有の二男

七代

柳沢光昭(みつてる)

従五位下 伊勢守
宗藩大和郡山藩主柳沢保泰の十男

八代

柳沢光邦(みつくに)

従五位下 刑部少輔
高家(武田信玄の裔)武田左京大夫信之の六男
柳沢家は武田家の庶流で、武田信之は実は大和郡山藩主柳沢保光の第四十八子。

越後の諸藩に戻る

北陸・甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.