小諸藩

仙石家→<甲府藩領>→松平(久松)家→青山家→酒井家→西尾家→松平(石川・大給)家→牧野家

豊臣政権下で、仙石秀久が5万石で小諸藩に入封。小諸城を築城、忠政に継いで、隣藩の上田に転封。

そのあとは、甲斐府中(甲府)に封ぜられた徳川忠長の所領の一部となった。

松平(久松)憲良が美濃大垣より5万石で入るが嗣子が無く改易。

青山宗俊が抜擢されて大名となり小諸4万2千石を得る。摂津のうちへ。

上野那波より、酒井忠能が入り3万石、駿河田中へ。

同地駿河田中より、西尾忠成が2万5千石で入り、遠江横須賀へ。

常陸小張より、松平(石川・大給)乗政が2万石で入り、乗紀に継いで、美濃岩村へ。

越後与板より、牧野家が入って以降は牧野家の支配で定着し、明治に至る。

小諸城は千曲川の河岸の崖を天然の要害とした名城ではあるが、特に有名な合戦があったわけでもなく、著名な大名の居城だったこともないので、観光バスが続々と乗り付けるのは島崎藤村の詩のお陰であろう。石高は立藩以来、測ったように順次減って、最後は城に不似合いな1万5千石の小藩となった。島崎藤村なかりせば、誰も知らない小藩の城であったかも知れない。


歴代藩主

仙石家

5万石  
外様  城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

仙石秀久ひでひさ)

従五位下 越前守
仙石久政の子

二代

仙石忠政(ただまさ)

従五位下 兵部大輔
仙石秀久の三男

信濃上田へ

<甲府藩領>

松平(久松)家

美濃大垣より 5万石  
譜代 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)憲良(のりなが)

従五位下 因幡守
松平(久松)忠良の二男

無嗣改易

<信濃松本藩領>

青山家

加増 4万2千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

青山宗俊(むねとし)

従四位下 因幡守
青山忠俊の長男

大坂城代 摂津のうちへ
のち、遠江浜松へ

酒井家

上野那波より 3万石
譜代 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

酒井忠能(ただよし)

従五位下 日向守
酒井忠行の二男

駿河田中へ

西尾家

駿河田中より 2万5千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

西尾忠成(ただなり)

従五位下 隠岐守
西尾忠昭の長男

遠江横須賀へ

松平(石川・大給)

常陸小張より 2万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(石川・大給)乗政(のりまさ)

従五位下 美作守
松平(大給)乗寿の二男

二代

松平(石川・大給)乗紀(のりただ)

従五位下 能登守
松平(石川・大給)乗政の長男

美濃岩村へ

牧野家

越後与板より 1万5千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

牧野康重(やすしげ)

従五位下 周防守
常陸笠間藩主本庄因幡守宗資の四男

二代

牧野康周(やすちか)

従五位下 内膳正
牧野康重の長男

三代

牧野康満(やすみつ)

従五位下 遠江守
牧野康周の子

四代

牧野康陛(やすより)

従五位下 周防守
牧野康満の子

五代

牧野康儔(やすとも)

従五位下 内膳正
牧野康陛の子

六代

牧野康長(やすなが)

従五位下 内膳正
牧野康儔の長男

七代

牧野康明(やすあきら)

従五位下 周防守
牧野康儔の二男

八代

牧野康命(やすのり)

従五位下 遠江守
越後長岡藩主牧野忠精の六男

九代

牧野康哉(やすとし)

従五位下 遠江守
常陸笠間藩主牧野貞幹の二男

十代

牧野康済(やすまさ)

従五位下 遠江守
牧野康哉の子

信濃の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.