甲府藩(甲斐府中藩)


武田家の所領だった甲斐一国は、武田家滅亡後、織田政権下では河尻秀隆が任されるが、武田治世を懐かしむ一揆に悩まされ続ける中、本能寺の変が勃発。
河尻秀隆は、関東管領として上野にあった滝川一益同様、梯子をはずされた不安感から、逃亡。真空地帯となった甲信二州は徳川家が支配する。

小牧長久手停戦の後、秀吉は家康を関東に移すが、そのあとの甲斐一国に、浅野長政を入れる。
子の浅野幸長は紀伊和歌山へ。

家康は九男の徳川義直を入れるが、すぐに尾張清洲、のち名古屋へ。

秀忠の三男、徳川忠長が入るが、これも甲斐は所領のまま、それに加えて駿河、遠江を加増され、駿河府中へ居城を移す。

家光の三男、徳川綱重が入り、甲府藩は復活、子の綱豊に継ぐが、将軍継嗣となって、江戸城西の丸に移った。

という形で、基本的には天領支配か、もしくは、将軍家一族の封地であった甲斐だが、唯一例外が出現。

綱吉の側用人、柳沢吉保は、父から継いだ家督は530石であったが、ついに甲府を与えられ、15万石まで出世した。

子の柳沢吉里は、綱吉の実子ではとの風聞もあって、綱吉に可愛がられる。これまでの甲府藩主はいずれも国入りをしたことがないが、柳沢吉里ははじめて甲府に入った。

柳沢家は武田家の庶流。特別の感慨があったものと思われる。塩山の恵林寺には、武田信玄の墓と並んで、柳沢吉保の墓が立っている。

大和郡山に転封。以後、甲斐は一国天領となる。


歴代藩主

徳川家

25万石
親藩 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

徳川義直(よしなお)

従四位下 右兵衛督
徳川家康の九男

尾張名古屋へ

徳川家

23万8千石
親藩 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

徳川忠長(ただなが)

従三位 権中納言
徳川秀忠の三男

駿河府中へ

徳川家

25万石→35万石
親藩 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

徳川綱重(つなしげ)

正三位 参議
徳川家光の三男

二代

徳川綱豊(つなとよ)

正三位 権中納言
徳川綱重の長男 六代将軍徳川家宣となる

将軍継嗣となる

柳沢家

武蔵川越より 15万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

柳沢吉保(よしやす)

従四位下 美濃守 左権少将
柳沢安忠の長男

二代

柳沢吉里(よしさと)

従四位下 侍従 甲斐守
柳沢吉保の長男

大和郡山へ

<天領>

甲斐の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.