勝山藩

松平(越前)家→松平(越前)家→小笠原家

越前福井藩の祖、結城秀康の五男松平(越前)直基が3万石で入って成立。

直基は越前大野へ。

弟の直良が越前木本より入るが、これも越前大野へ。

しばらく天領となるが、美濃高須より小笠原貞信が入って、以後小笠原家の支配で、明治に至る。


歴代藩主

松平(越前)家

3万石
親藩 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)直基(なおもと)

従四位下 侍従 大和守
結城秀康の五男

越前大野へ

松平(越前)家

越前木本(このもと)より 3万5千石
親藩 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)直良(なおよし)

従四位下 侍従 土佐守
結城秀康の六男

越前大野へ

<天領>

小笠原家

美濃高須より 2万2千石
譜代 帝鑑間 陣屋→城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原貞信(さだのぶ)

従五位下 土佐守
旗本高松貞勝の長男、母は小笠原信之の娘

二代

小笠原信辰(のぶとき)

従五位下 駿河守
小笠原貞信の子小笠原信秀の長男

三代

小笠原信成(のぶなり)

従五位下 能登守
酒井因幡守忠隆の二男

四代

小笠原信胤(のぶたね)

従五位下 相模守
伊勢神戸藩主本多伊予守忠統の二男

五代

小笠原信房(のぶふさ)

従五位下 飛騨守
二代小笠原信辰の長男

六代

小笠原長教(ながみち)

従五位下 相模守
小笠原信房の二男

七代

小笠原長貴(ながたか)

従五位下 相模守
小笠原長教の二男

八代

小笠原長守(ながもり)

従五位下 相模守
小笠原長貴の六男

越前の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.